2010年11月3日
奈良県 五條市 舟ノ川 ヒウラ谷




光と影・・・

PHOTO GALLERY

この日は、もともと他に予定があって滝には行けないはずだったが、直前になって予定がなくなったので、ひこさんに声をかけ出動することに。ちょうど関東のWATAさんが、迷滝一本勝負の弾丸ツアーで来ることを聞いていたので、移動中のWATAさんと連絡をとり三人で迷滝に向かった。

湯ノ又に着くと、なぜかすごく寒いが、頭の中は逆にホット、期待感一杯で林道を歩いて行く。そして、見事な紅葉が見えてきて、上部の紅は、ありえないような素晴らしさに染まっている。



遠望地から見る滝は、もちろん影の中。さっさと谷に降りて滝前へと。



滝前に到着すると期待どおりの水量に大歓声。まだまだ日が十分に当たっていないが、やがて滝上部が輝き、澄んだ青空をバックに光りと影が織りなす壮大な景観に満たされていく。







明るい雰囲気とは逆に強い風が吹いてもの凄く寒い。ダウンを着たうえに雨具の上下まで着てしまった。秋の滝撮影でここまで着込んだのは、ちょっと記憶にない。





日が高くなっても、ハイスピードで流れる雲が、大岩壁にドラマティックな瞬間を何回も作りだし、いつまでも見飽きることがない。









結局、4時間も滝前にいて、素晴らしい滝姿を満喫した。



迷滝の後に雄滝まで降りるつもりだったが、時間もたってしまったし、もう十分に満足したので、林道を戻った。

秋の迷滝は、2007年以来の再訪。2007年の紅葉のピークに較べると、やや早かったかもしれないが、その紅葉はやはり美しく、何より今回は水量に恵まれて素晴らしい滝姿を見ることができた。

圧倒的大岩壁と滝、それを染める紅葉が、青空の下広がっていく。それは、とても言葉にできないほどの素晴らしさ。迷滝、この滝ほど紅葉の似合う滝も珍しいのではないか。

WATAさん、ひこさん、どうもありがとうございました。



撮影機材

Panasonic Lumix DMC-GH1
LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ASPH./MEGA O.I.S.
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

Panasonic Lumix DMC-FT1