2010年11月28日
台高山脈



二つの探索・・・

PHOTO GALLERY

嫁さんが、大台のトロッコ道を歩いてみたいという。トロッコ道は、二ノ俣谷の源頭部も通っているらしいので、黒滝とトロッコ道を探しに出かけた。


ショートカットで尾鷲辻に出ようと思ったが、嫁さんが日出ヶ岳に登りたいというので、先ずは山頂へ。いい天気です。


天気はいいけど、何故か霞んでいて大峰方面もよく見えない。


正木ヶ原を抜けて尾鷲辻へ。


尾鷲辻から尾鷲道に入って行き、適当なところで道を外れて尾根に乗っかる。


快適な尾根筋。


堂倉山、平坦でなにもない?




進んでいくと切り立った大きな壁が見えてきた。P1432?


尾根筋が北へ曲がっていくあたりから二ノ俣谷左岸を降っていく。最初に降りたところは、ちょっと谷に近すぎたみたいで、途中から立ってきて失敗。東へトラバースして、さらに下降。


300m近く降っただろうか、なんとか滝が見える岩の突き出たポイントに到着。予想はしてたけど、水量が凄く少なくて残念。岩に乗りたかったが、確保の道具がないので、大木を抱きかかえるようにして撮影。


いつものことながら、登り返しはしんどい。トロッコ道があるはずとどんどん上を目指して登っていく。


広くて平坦な道に出た。トロッコ道に間違いない。


しばらくは、きれいに残っている快適な道。


二ノ俣谷源頭?


石を積んだ橋の跡?


道が抜けていたり、倒木が多かったりと荒れていて、思ったよりも時間がかかる。


大蛇グラまで歩くつもりだったが、断念して尾鷲辻に戻った。


トロッコ道は、大正時代に四日市製紙が5年の歳月をかけ、紀北町の木津から尾鷲辻あたりまでを完成させたらしいが、こんなところを木材を乗せて運んでいたのかと思うと驚くばかりだ。

水量が極端に少なかった黒滝(男滝)100mは、数少ない沢屋さんの写真を見ると、その豪快な姿に惹かれずにはいられない。直ぐ横の右俣には、女滝60mも落ちるという。ぜひとも滝前に行ってみたいが、厳しそうだ。



撮影機材


Panasonic Lumix DMC-LX3