2011年1月8-9日

奈良県 大峰山脈



夢の世界へ・・・

PHOTO GALLERY

年末からの大雪により、大峰の山々は、厳しくも美しい姿になっていることだろう。登山口へ近付くことすら容易ではなく、旭から釈迦への林道もとても通れないと思っていた。

ところが、3日に下の登山口まで車で入れたとの情報があり、これは行かねばなるまいと車を走らせた。吹きだまりを蹴散らせて林道を上り、スタッドレスのみでなんとか下の登山口まで到着。ところが、雪が多くて方向転換ができず、チェーンを装着したり、なんやかんやと手間取って、11時20分にようやく出発。

先行者のトレースに助けられ、グングンと高度を上げて行く。青空の下に続く真っ白い稜線が見えてきて、気分も最高。稜線近くでは、倒木につもった雪が立って、きらきらと輝いている。



上の登山口との合流点で、初めてワカンを装着。家でだいたい合わせたつもりだったが、なんかいまいち決まらない感じ。



好天を予想していたが、まさかこれほどまでとは。空には、青以外なにもない。嫁さんは、トレースを軽快に辿っていくが、巨漢の私は、ワカンを履いていてもすぐにズボッとはまってしまう。



しだいに、木々に付いた霧氷やエビの尻尾が増えてきて、前方に釈迦ヶ岳が見えてくる。







先行されてた方が下山されてきたようで、嫁さんがなにか話していたようだが、近付いてみるとネットでよく拝見していた森のリカさんとリカオさんで、うれしい出会いにびっくり。


ここでリカオさんから、やまのねこさんも来られていると聞き、またまたびっくり。3日に釈迦の山頂まで登ってきたとの情報をいただいていたのは、やまのねこさんだったからだ。







あの印象的だった木を見上げると、昨年のラッセルが思い出される。空は、ますます冴えわたり、広い稜線は、おもむくままに歩いて行ける。













そして、やまのねこさんとすずめおどりさんが降りてこられ、ご挨拶すると笑顔いっぱいで答えてくれる。





ここからは、眩しい白と紺碧の空に溶けてしまいそう。「ありえへ〜ん」連発。









写真を撮ったりと足を止めてばかりでなかなか進まなかったが、千丈平に到着。



さあ、ザックをデポして白い回廊を登ろう。













山頂は、穏やかで、エビの尻尾は、少し短くなってしまっているかも。太陽が、弥山への稜線を少し暖色に照らしていた。あ〜、この冬もあそこまで行きたい。







千丈平に戻る頃には、傾いた光線が森をドラマティックに染め、やがて赤く大きく広がって消えていった。





翌日は、一転して厳しい冬の世界。風が吹くので珍しくフードをかぶって降りていく。それでも稜線は、どこまでも美しく、あの木に挨拶したりして、冬をかみしめるように歩いた。











稜線から登山口へ少し降ったところで休憩していると、単独の女性の方が登ってこられた。あとで分かったことだが、この方もいつもネットで拝見していたikkoさんだった。うれしい出会い三連発に本当にびっくりでした。

冷たい風が吹き、湿った空気に覆われた山は、霧氷で真っ白に染まる。雪と霧氷の360度の白からの反射は、本当に想像を超えた輝き。閉じられた瞳孔で空を見上げれば、そこにあるのは、どこまでも深く澄んだ碧。それは、ありえないような夢の世界。



撮影機材

Panasonic Lumix DMC-LX3
Panasonic Lumix DMC-FT2