2011年1月22-23日
奈良県 大峰山脈

 

 

あまい考え・・・

PHOTO GALLERY

 

お正月に行けなかった明神平でゆっくりしようと家を出発したが、車を走らせていると思ったより天気がいいみたい。こんな日は、大峰も微笑んでくれるかも、気がつけば、母子堂の駐車場に来ていた。予定外だからか、いつものことか、ゆっくりと10時30分にスタート。



思った通りトレースがあって、それを辿って進んでいくが、そもそもトレース頼りの安直な考えが通用するわけがない。やがて雪が多くなり、登山道を跨ぐように雪崩まで発生していた。



壊れかけたトタン小屋を過ぎると自然林となり、美しい眺めに変わっていく。



ここからは、斜面の傾斜も急になり、ちょっといやなトラバースが続く。トレースがあるので、特に問題ないが、それでも雪が多く、ペースは遅い。



やがて、男女二名のパーティが降りてきて、「小屋までもとても無理」と言って下山して行った。その後も、次々と戻ってこられるが、皆さんダメと言って、どうも疲れてる様子。

そして、「もう少しやから頑張って」と最後だという方から声をかけられるが、全くもう少しではないところで、突如トレースが消えた。



この時点で14時20分、ラッセルラッセルでじりじりと進んでいくが、深雪はもちろん、滑落の危険がある急斜面ばかりで気が抜けない。尾根に乗れないかと試みるが無駄な努力。先を目指して際どいトラバースを続けるしかない。





橋が落ちている例のポイントを鎖を掘り出したりしてようやく越え、さらにラッセルを続けるが、時間の進行と進む距離のギャップがどんどん大きくなってくるような気がする。



このまま進んでいても急斜面の途中で日が暮れかねない。非常に残念だったが、山上辻に行くのを断念。

なんと安易で愚かな考えだったのか。小屋までは、楽勝だと思っていたが、大きな間違いだった。しかたがないので、自分たちの付けたトレースを戻り、ちょっとした小場所を見つけてテントを張った。



朝になるとガスに覆われていて、天気が良くない。テンションも上がらず、もう下山するつもりでまったりと過ごしていた。

ところが、ガスがだんだんと晴れてきて青空まで覗いてきている。やっぱり上に行こうと慌てて準備するが、後の祭り。またまた9時30分と遅いスタート。そして、昨日のトレースを伸ばせばいいものを、気になっていた尾根筋からいってみようと稜線に向けて伸びる小尾根に取り付いてしまった。

テントを張るところを探すのに少し登っていたので、なんとなく行けるような気がしていたが、直ぐに傾斜がきつくなってくる。おまけにワカンを付けていてもズボりまくりで、夏道を行くよりさらに悪い。それでも白い木々と青空の織りなす眺めが素晴らしく、さらに上が見たくなり必死で登っていく。













雪に埋もれながらも登っていくと稲村と大日の雄姿が見えてくる。でも、それはまだまだ遠く、とてもとどかない。せめて稜線まで上がろうと、重いザックをデポして、最後は空身で登っていく。垂れ下がった枝を潜り、ズボったらワカンが根っこに挟まる。







四つ足歩行を駆使して急傾斜を這い上がり、深雪をかき分け、ようやく稜線に辿り着いた。そこは、もっこりと厚化粧した木々に埋め尽くされた不思議な景観が続いていた。





時計を見ると12時前、もういい、もう十分がんばった。なんとなく、ちょっとした達成感すらあって、それは、嫁さんも同じように感じているらしく、すがすがしい表情をしていた。



大雪に覆われた今シーズンの大峰、深雪を越えた先には何があるのだろうか。それへの挑戦は、まだ始まったばかりかもしれない・・・



撮影機材

Canon PowerShot S95
Panasonic Lumix DMC-FT2