2011年2月6日
奈良県 大峰山脈

 

 

そして、稲村・・・

PHOTO GALLERY

穏やかな天候の日曜日、大峰の雪も落ち着いただろうか。この日は、嫁さんの都合が悪く、久しぶりの単独行。男一人で何処へ行くのか。そう山上さんへ行くのだ。

珍しく朝早くから行動を開始して母子堂から大峯大橋まで歩いていく。



そして、結界門を抜け、またまた珍しく一生懸命歩く。まあ、無理と思うが、うま〜く行けば、稲村まで行ってやろうなどと考えていた。

洞辻茶屋のとところで奥駈の稜線に出るが、気温が高く霧氷は期待できない感じ。



こここからは、さらに雪が増えるが、しまっているいるしトレースもあるしで、これまでのように雪に埋もれて格闘するといった感じは全くない。

陀羅尼助茶屋の中は、噂どおりに雪が堆積していて巨体を小さくして抜けた。



しまった雪を踏みしめてさらに登っていく。スノーシューを持ってきたが、全く必要ない。



鐘掛岩の下にやって来た。登ってもいいけど、邪魔くさいので、西から巻いて岩の上に出た。







ここまでは、快調に来たが、急激にペースダウン。撮影しだしたらこうなるのは、いつものことだ。

次は、西ノ覗岩。「はい、〜します。」



日本岩は、パスして大峯山寺へ向かう。



今シーズンの雪は、簡単には溶けないみたいで、このあたりもえらいことになっていた。



だんだんと雪がやわらかくなり、トレースも浅いワカンの後だけしかなくなってズボりだすが、そのまま歩いてお花畑に到着。

霧氷がないのか、弥山も黒っぽく見える。



風もなく、穏やかで暖かい。でも、登ってくる人はないようで、貸し切り状態だ。パンを食べながら、ゆっくりと展望を楽しむ。

ここからは、スノーシューを試してみる。嫁さんのを借りてきたので、ベルトの調整等が全くできてなかったが、とりあえず装着。



10時45分に山頂を出発し、レンゲ辻への急な降りもそのままスノーシューで行く。



嫁さんのスノーシューは、女性用で22インチと小さく細いためか、急なルートやトラバースもけっこう行けてしまう感じ。女性用とはいえ、ワカンとは、その浮力がくらべものにならず、巨漢の私でも十分役に立ってくれた。



11時25分、結界門を越えて、野郎の世界は終わり。ふと下を見ると、ちょうど男女二名のパーティが登ってきていて、よく見ると、やまのねこさんとすずめおどりさん。

レンゲ谷から稲村を目指すと聞いていたけど、こんなにドンピシャリのタイミングで出会えるとは、びっくり。上から手を振ると、大きく振り返してくれた。レンゲ谷のルートは、なかなか際どく、苦労したらしい。

ここから念仏山を越えなければならないが、直登、巻きルートともにトレースは全くない。雪も多くて大変そう。ねこさんは、すずめさんも一緒なので、ここで引き返すとのことで、12時頃、分かれて山上辻に向け出発。

スノーシューを外して直登で尾根を登っていく。急なのと大雪でなかなか進まず、木を手がかりにするも、何回もズボってずっこける。ふり返ると山上さんのなだらかな姿がクッキリと。



12時50分、ようやく平坦なところに出た。動物達は、さかんにここを通っているのか、足跡がいっぱいだ。



スノーシューに変えて快適に進んでいくが、尾根が細くなってきて、かなりやばそうなところに出た。足跡のある左側は、雪庇になっていて下がどうなっているか分からず、右側も切れ落ちている。わずかに通れそうなところを慎重に抜けた。



そして真っ白く綺麗で気持ちの良い雪面を一気に降って行く。ここから山上辻へは、もう一山あり、直登するか夏道を行くか迷ったが、南側を巻いている夏道を選択。



ところが、どこに道があるのか全く分からず、日が当たるのか、あちこちで雪崩れてるし、スノーシューでもズボりまくり。やがて遙か下に橋が見えてきて、かなり上の方をトラバースしていたことが判明。

14時40分、ヘロヘロになって山上辻に到着。



がんばったつもりだが、稲村なんてとても無理。疲れたので一時間近く休憩して母子堂まで降った。

しばらく続いた穏やかな天候は、大峰の様子も一変させ、随分と歩きやすくなっていた。でも、相変わらず雪は多く、トレースのないところは、まだまだ簡単ではない。今シーズン稲村に行くことはできるのだろうか・・・



撮影機材

Canon PowerShot G12