2011年2月12-13日
奈良県 大峰山脈

 

 

ああ〜、弥山・・・

PHOTO GALLERY

11日は、珍しく大阪市内にも雪が降り、落ち着いたと思っていた大峰の雪は、さらに大変な状況になっているだろう。それでもやっぱり弥山に行きたい。無理と思いながらも自然に向かってしまう。この状況で、坪ノ内の林道は、とても上がれないので、大川口からトンネル西口まわりで行くことを考えた。

7時15分、橋を渡って閉鎖された国道?を歩いてスタート。トレースがあるが、それでも雪が深いので、すぐにスノーシューに変える。やがてトレースは、聖宝谷出合で二手に分かれていて、一つは、聖宝谷へと続いている。聖宝谷から登っているのは、きっと山童子さん一行に違いない。この時期にこんなバリルートを行く方達は、他にないだろう。トレースがあるので、聖宝谷から行ってみようかとちょっと悩んだが、安全第一を考え、そのままトンネル西口へ向かった。



西口から登山道へ入るとびっくり。ここまであったトレースが無くなり、誰も行ってない様子。真っ白く美しい雪面だけが続いていた。



特徴的なあの橋もきれいに雪化粧している。さあ、がんばって行こう。少し休憩してから9時40分、橋を渡って尾根に取り付いた。



今日は、嫁さんのスノーシューが使えないので、25インチのでかいやつを持ってきたが、この急な尾根では扱いにくく、あまり良い感じではない。小さいやつとは全く違う。そのままでも行けなくはないが、早々に外した。





何の汚れもないような雪だけがあるところにトレースを付け、深雪にズボりながらも奥駈に出れば楽なはずと必死で登っていく。「ハアハア」と乱れる自分の呼吸音だけが聞こえる。





奥駈が近くなるときれいな霧氷が迎えてくれてあと一息。





12時ちょうどに奥駈出合に到着。ここからしばらくは、なだらからルートのはず。休憩して、再びスノーシューに変えて出発。

ところが、横殴りの風が吹き付け、さらに雪が深く、なかなか前に進まない。私は、当然ながらスノーシューでもズボりまくりだ。弁天の森に着いたのは、なんとなんと13時40分。





この後も、状況はさらに悪化。無雪期に歩いた記憶ほどあてにならないものはない。以外とアップダウンはあるし、ここを越えれば聖宝ノ宿跡だと何回も思うが、それは、必ず裏切られる。





そしてそして、14時45分、錫杖を見つけ、ようやく聖宝ノ宿跡に着いたらしいことが分かる。





さて、どうするか。はっきり言ってもうヘロヘロだ。がんばれば、日暮れまでに弥山に着くかもしれない。いやいや、急斜面の途中でアウトかもしれない。やっぱり無理は禁物だ。残念ながらここまでとして、テントを張った。

日が暮れると、降る雪がどんどんと強くなり、それは一晩中続いた。朝になって止んだが、ガスに覆われていて、テンションが上がるはずもない。元気なら弥山へ行こうと思っていたが、あきらめてゆっくりと下山することに。



そうだ、理源大師様にご挨拶していこう。雪に埋もれた中からお顔を掘り出して、ここまでの無事を感謝して、帰路の無事を願った。







ガスに覆われているが、今日は穏やかな天候らしく、昨日に較べると随分と明るい。霧氷がびっしりと付いた木々がどこまでも続き、ここら辺もこんなによいとこだったかと、思う。昨日は、とにかく歩くのに必死で、そんなことには、全く気づかなかったが。



時折風が吹いて雪を巻き上げる中、撮影を楽しんでゆっくりと進んでいく。昨日のトレースは、新しい雪で跡形もなく消え、ふかふかの新雪が誠に気持ちが良い。





上空は、強い風が吹いているのかガスが勢いよく流れ、やがて青空も覗くようになってきた。やわらかな光が雪面に届き、それは、たとえようもない程に美しい。



そして、二人して「きたー」という歓声を上げ、霧氷の向こうに碧が広がっていく。



天候は、どんどん良くなってきているが、残念ながら弥山はガスの中、それでもガスの中にあの凛々しい姿が見えたような気がする。













ゆっくりと楽しんだ後、奥駈を離れて尾根の急降下を開始。スノーシューのまま強引に降って行った。





西口に着いて、トンネル横の滝を見に行くと、あのか細い滝が、ワイドな分厚い氷に覆われた姿に変わっていた。



弥山は、やはり遠かった。聖宝谷に入っていたのは、思った通り山童子さん達で、軽々と弥山まで登ったらしい。

我が家には、とんでもなく遠い弥山、でも、この冬一番の大雪だと思われる時に、途中までながら歩けたことは幸せ極まりない・・・



撮影機材

Canon PowerShot G12
Canon PowerShot S95