2011年2月16日
奈良県 川上村 伯母谷 山葵谷 地獄谷

 

 

大普賢の懐へ・・・

PHOTO GALLERY

二日前に降った雪のためか、大台ヶ原ドライブウェイの入り口から見えるのは、トレースのない真っ白い雪面。雪をかき分けて山葵谷へと進んで行くと、やがて前方に大普賢の雄姿が見えてきて、その絶壁には大きな氷柱がかかっている。


中央あたりの氷柱が見えるだろうか。


北に目を移しても急峻な地形と稜線近くに巨大な氷柱が見える。天候は、予想通り穏やかで、後ろは雲一つない青空。



そんな見えている氷柱に近付きたいが、それはとても容易ではない。今日は、今年このあたりによく入られているふぇるめーるさんともう少し下流にあるシェイクスピア氷瀑群を目指す。誰が名付けたのかハムレット、リア王、マクベスとも呼ばれている。

今シーズンの雪の多さは、ここも例外ではなく、深い雪に前進を阻まれるが、四足を駆使して谷を遡っていく。





そして、途中にある氷柱に到着、上部の大氷柱もその遙か上に見えている。




ちょっと近づけません。


この滝の高巻きからシェイクスピアまでは、傾斜が増した危ういルート。あちこちで小さな雪崩れが発生しているし、気温が上がって緩んだ雪面のトラバースに気の抜けない状態の連続。突き刺すピッケルに力を込め、何度も足を蹴り込んでステップを作り、じりじりとカニ歩きで進んで行く。

そして、碧く輝く氷の塊とご対面。見えてからが遠く、ラッセルとキックステップに本当に疲れてしまった。





苦労して到達したそこには、見事な見事な造形が広がっていた。高さはもちろん、三つの氷瀑が作るワイドな景観と冷たさに包まれる感じがなんとも心地よい。さらに左にも氷柱がかかっている。







最後に裏にまわると、その碧が透過光により透明感を増して輝き、二人の驚きの歓声が静かな谷にこだました。







マクベスの上部は水が流れ、他の氷柱の表面も一度溶けて再氷結したようになっていた。状態は、ベストではなかったかもしれない。それでも毎冬のように繰り返されるであろう大自然の営みを前に、ただただ驚嘆するしかなかった。

大普賢東壁から伯母谷覗にかけての絶壁には、多くの氷柱が形成される。いつの日かその氷瀑達にも会いに行きたい。

ふるめーるさん、どうもありがとうございました。



撮影機材

Panasonic Lumix DMC-GH1
LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ASPH./MEGA O.I.S.
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

Canon PowerShot G12