2008年6月14日

三重県 旧飯高町 蓮川 布引谷

 

PENTAX K20D smc PENTAX DA50-200mmF4-5.6ED

 

蓮川の布引谷には、落差全国第8位(212m)を誇るといわれる布引滝が懸かる。一昔前は、謎に満ちた大滝であったと思うが、ネット等が発達し徐々にその存在が明らかになってきた。中でも、ある事情により、これまで見れなかった布引滝の全貌が望める地点があるという…

 


蓮ダムを渡って、トンネルを抜け、直ぐの林道を奥迄入って駐車。平瀬橋から山道を行こうかとも思ったが、また迷いそうなので谷を詰めることにした。巡視路っぽい道を行くと、いきなり下に10m、20mの滝が見え、かなりの水量で落ちていく。堰堤を二つ越えていくと谷が狭まり、暗く陰湿な中に美しい釜の7m程の滝が登場、右岸から巻いていくが、見た目以上に際どい。

 

PENTAX K20D smc PENTAX DA16-45mmF4ED AL

 

続いて直ぐに壁の立った10m程の滝、右岸壁に木が垂直に倒れていて、これを利用して一気に登った。

 

PENTAX K20D smc PENTAX DA16-45mmF4ED AL

 

この後、谷は明るく広くなり、平凡な流れとなるが、やや傾斜を増して、緑の映える大変美しい景観となってくる。

 

PENTAX K20D smc PENTAX DA16-45mmF4ED AL

 

やがて両岸が立ってきて、落ち口に大きな岩が重なる25mの滝に到着、巨岩の為か、別れた流れが合わさりながら落ちる複雑な形状をしている。右岸からもおだやかに斜瀑が落ちてきて美しい。この滝の巻きは容易で、右岸斜瀑のところを伝って上に出た。

 

PENTAX K20D smc PENTAX DA16-45mmF4ED AL

 

布引滝の全貌が望める地点だが、伐採により視界が開け、全貌が見えるようになったらしい。その伐採地を探しながら進んでいくと、左岸植林帯の上にポッカリと空間が開いているのが見える。「ここかも」と思うが、下からではよく分からないので、とりあえず先に進んでいく。連続する美しい小滝を越えていくと、緑溢れる奥に大きな白布が見えてきた。布引滝の登場だ。

 

PENTAX K20D smc PENTAX DA16-45mmF4ED AL

 

前衛15mの滝前に立ち、全身で飛沫を受ける。逆光が強く眩しいが、水と緑に包まれ、今日も一人感激に浸る。そして前衛の滝を左岸から越え滝下に迫ると、その流身はちょっと無いくらい太く、迫力の水が砕けていく。

 

PENTAX K20D smc PENTAX DA12-24mmF4ED AL[IF]

 

PENTAX K20D smc PENTAX DA50-200mmF4-5.6ED

 

PENTAX K20D smc PENTAX DA50-200mmF4-5.6ED

 

ふと足下を見ると3mm程度の青い可憐な花が咲いている。マクロレンズでググッと迫れば、何かお菓子細工みたいに見える。滝からの風にゆらゆらするが、収まる瞬間を捕らえ、ケーブルレリーズに意思を伝えた。

 

PENTAX K20D smc PENTAX DA35mmF2.8 Macro Limited

 

やはり滝の全景が見たい。さっきの植林帯上の開けた空間が伐採地に違いないので、戻って急斜面を登って行く。伐採地に達し、ふり返りながらさらに登って行くと布引滝の上部が見え出す。さらに高い位置まで行くと、それはそれは素晴らしい眺めが出現した。深い森の中を谷が突き上がり、そこに立塞がる大岩壁、上流からの水がその大岩壁の上から放たれ、跳ねるように滑るように落ちていく。

 

PENTAX K20D smc PENTAX DA50-200mmF4-5.6ED

 

残念ながら、212mはなさそうだ。112mの落差が、いつしか212mと伝わったのかもしれない。しかし、台高を代表する名瀑なのは間違いなく、212mと言いたくなる気持もよく分かる。ここから見るその素晴しい姿は、小さな写真ではとても伝わらない。ぜひ現場にて体験して欲しい。

 

PENTAX K20D smc PENTAX DA50-200mmF4-5.6ED

 

PENTAX K20D smc PENTAX DA50-200mmF4-5.6ED