2011年4月24日
銚子川 不動谷




清五郎で開幕・・・

PHOTO GALLERY

この日、銚子川に集結したのは、がぶんたさん、ちさとさん、まいさん、ミキさんの女性陣4名とひこさん、ひろさん、もとなかさんと私の男性陣4名。

発電所までしか入れなかった林道は、すっかり修復されていて、車で簡単に清五郎橋に到着。



左岸から谷に降りるが、大岩越えがじゃまくさいので、直ぐに巻いて滝まで直行。



そして、あっという間に到着。雨が降ってもう少し水量を期待したが、それほどでもないのと、昨年に較べると時期が早いためか緑が少し寂しい感じがする。



それでもそこにあるのは、巨大で立派な清五郎そのもの。実は、残雪のアルプスへの遠征を考えていたが、天気が微妙なこともあり、こっちにやって来た。いざ滝を前にすると水の躍動感や生命感を全身で受け止める快感が、やはりたまらない。







ゆっくり楽しんだ後は、車に戻って上の滝へ、ところが、こっちの林道は大荒れで、落石を避けながら揺られて何とか到着。

まずは、清五郎滝の落ち口が見えるポイントへ、前回は降りなかった岩棚の上に立ってみると、そこは、なんとも素晴らしいところだった。





下からではよく見えないと思うが、間近で見ると、まさに爆裂という言葉が相応しい。立ち上がる水煙と降り注ぐ飛沫、ひょんぐって飛び出した水が岩に砕けて広がり美しい壺に吸い込まれていく。そして、そこから何段にも腰を折って遙か下へと滑り、巨大な清五郎滝を形成している。

この最上段だけでも落差のある立派な滝で、清五郎滝は、120mより高いかもと思ってしまう。





そして谷を辿って60m大滝へ。







さっきの衝撃のためか、ちょっと写欲が低下して、適当に撮影。前回も思ったけど、飛沫が飛んでくることを別にしても、この滝、撮影が難しいように思う。

ちさとさんともとなかさんは、最後まで頑張ってる。



最後に、まだ行ったことのない、さらに上の滝を目指して大滝の巻きを開始。谷に戻ると綺麗な淵があって、横を普通に歩けるところを何故か浸かって楽しそう。





もう少し手応えあるかなと思っていたが、簡単に到着。







ひっそりとした雰囲気漂う綺麗な滝で、見ていると心洗われ癒される感じ。期待通りの美しい姿に満足。

みんなとともに清五郎に会いに行くことができ、素晴らしい滝開幕となった。
みなさん、どうもありがとうございました。

今シーズンは、どんな滝達に会うことができるだろうか。
楽しみ、楽しみ・・・



撮影機材

Panasonic Lumix DMC-GH2
LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ASPH./MEGA O.I.S.
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

Canon PowerShot S95