2011年4月30日-5月1日
銚子川 岩井谷




紀伊半島滝オフ会 day2-3 最奥の滝へ・・・


PHOTO GALLERY

岩井谷は、昔から台高随一とされる谷で、谷の素晴らしさはもちろん、その厳しさにおいても同様らしい。もちろん、そんな谷を遡行なんてできないが、尾根を越えて源流にかかる80mの大滝を見に行こうと計画。朝にあっきーさんと合流し、はんぺんさん、MATSUさんと4人での挑戦。

まずは、往古川に降りて真砂谷左岸を行く。踏み跡を辿ったり谷を歩いたり。そして、右手の高いグラを北へ回り込むと真砂谷最初の20m滝が迫力で落ちるのが見え大歓声。



真砂谷は、ここまでで、左の支流へと。しばらく行き、地形図で確認して傾斜の強い斜面をジグザグと登って行く。最後は、木の根を頼りに尾根に飛び出した。

ここから急傾斜で続く尾根を一歩一歩と進んでいく。崖マークの中を通過したりと辛く長い登りが続く。今日中に着かないかもなんて思ったりもしたが、口坊主から下りてくる尾根にようやく到達し、岩井谷への下降ポイントから谷へと降りていく。



岩井谷に降り立つと、予想通りの穏やかな河原で、険悪極まりない谷の休憩場か。



岩井谷奥の大滝へのルートは、大台から地池高越え、花抜峠から加茂助谷ノ頭越えなどいろいろと考えられたが、地図上の最短距離と思われるルートを選択、しかし、重荷を背負っての登りは、思った以上に厳しく、ここに来てようやく皆の顔に安堵の表情が浮かんでくる。

しかし、天気が怪しくなってきて、雷が鳴り、時折雨が落ちてくる。少し急いで、
両岸狭まる中を淵を越えたりして進むと、十字峡。


本谷は、右方向で入り口には小滝がかかっている。


逆方向から、本谷は左。



右岸壁を越えられそうにも思ったが、安全に大きく巻いて、続く連瀑帯も一緒に巻いていく。

谷に戻ると穏やかなナメが広がり、ヒタヒタと歩いて行くと大きな白が見えてきて、目前にでっかい滝が。



何故か凄く感動して、久々に雄叫びを上げてしまった。秘境感満点というより、まさに秘境の滝。

写真では表現するのが難しいが、大岩壁を落ちる姿は、相当な高さを感じる。













予定通りだが、帰るための時間はなく。下降したあたりまで戻って幕営。

焚き火を前の滝談義は、尽きることなく続き、日付が変わってようやくシュラフに潜り込む。夜中に雨が降り出して、翌日も辛い下山。



途中、アクシデントがあったが、真砂谷門前の滝を越えて無事帰還した。



岩井谷奥の大滝、まさかこの滝前に立つことがあるとは思ってもみなかった。遠く辛いルートを考えると、もう二度と行くことがないかもしれない。「連れて行け」と言われても、「行き方教えるから行ってきて」と断る。そんなふうに皆が口を揃えた滝旅が終わった。

あっきーさん、はんぺんさん、MATSUさんありがとうございました。

つづく・・・



撮影機材

Panasonic Lumix DMC-GH2
LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ASPH./MEGA O.I.S.
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

Panasonic Lumix DMC-FT2