2011年5月15日
赤木川 小口川 滝本本谷




木霊する水音・・・


PHOTO GALLERY

滝本と言えば、宝竜瀑。朝起きて、めしを食ったら、早速、宝竜瀑の撮影に行く。
底の見えない深く大きな壺に大岩壁を伝い水が注ぎ込み、豊かな緑が埋め尽くす姿は、いつ見ても素晴らしい。やはり、岩ばかりの眺めではない、こんな滝に、より惹かれるのかもしれない。





沢屋さん達との約束の時間が近付いてきたので駐車場に戻ると、もう到着していて、簡単にご挨拶。みなさん気さくで楽しそうな方で、ちょっと安心。

今日は、滝本に沢屋さんが大集結。本谷、ガマ谷、北谷と3パーティが遡行予定。もとなかさんと私は、キンゴさんに無理をお願いして、本谷遡行に入れていただいた。

さあ、期待に胸をふくらまして、出発。またまた宝竜瀑へ。



「初めての人もいてるので自己紹介しようか」とキンゴさん。「渓游会のキンゴです。」と始まり、みなさんかっこいい。私の順がまわってきて、「明るい滝計画のパンダです。」にちょっとうけたような気がする。

左岸から回り込んで、かつて梯子のかかっていた壁を登り出す。かなり立った壁だが、手がかり足がかりが豊富で問題ない。でも、登るスピードがめちゃくちゃ速い。なんとか付いていって上段の滝壺。上段ももちろん素晴らしい。



また左岸から巻いて落口に立つと、駐車地がはるか下に見え、もうこんなに登ったのかといった感じ。まだ出発してないガマ谷隊が見え、みなさん大声で呼びかけて手を振っている。



次は、下コッペ滝。大きく深い壺が特徴的。
右、左と分かれて越えたような、最後にズリズリと滑ったような気がする。





続いてコッペ滝。光線が降り注ぎ、滝が眩しく輝いているが、あまりにも明暗が強く、普通でも難しい状況にコンデジとJPEGでは、撮影は困難を極める。とにかく露出をばらして撮りまくるしかない。





取水堰堤を越え、平維盛住居跡を過ぎると、轟音とともにワイドに広がる奥コッペ滝。



キンゴさんは、楽しそうに登っていくが、みなさん巻いていくので、もちろんそっちから。



そして、ナメ床の始まり。白く輝く水が、滑り通り過ぎていく。







傾斜が強まり、岩が目立ってくると、なにやら先にどでかいものが見えてきた。





燈明滝、上部から流れ落ちる瀑水は、あまりに素晴らしい。しばし、撮影時間をいただき、もとなかさんと「ありえへ〜ん」と顔を見合わせて、感嘆の声を上げる。





巻き上がると、白滝が待ち構える。右岸から巻いていくと、躍動する流れがよく見え、さらに絶景。





続いて岩を越えて進んでいくと、また瀑水が前方に。

これでもかと押し寄せる水、水、水、降り注ぐ太陽と鮮やかな緑、飛び散る飛沫に包まれ、得も言われぬ幸福感。なによりその水の音が、脳みその芯まで突き抜けてくる。





ナベラゴノ滝は、倒木を洗うその流れが、大自然の凄まじさを感じさせる。



そして、またナメが始まり、その水音に負けないような歓声と笑顔で遡行が終了。





いや〜、早かった。まだお昼にもなってない。
ゆっくりと昼食タイムの後、下山を開始。またまたキンゴさん、走ってんのではと思うほどのハイスピード。一時間もかからずに滝本に到着。



駐車地に戻ると、みなさん両手で熱い握手をしてくれて感謝感激。

もとなかさんに「ハーネスとか全くいらんかったなあ。」と言うと、「いえ、これは、沢屋の正装ですから。」とかっちょええ反応が。

時間も早く、もう一本滝に行こうかと、うだうだしていると、ガマ谷隊も帰ってきた。ガマ谷隊は、みっちーさん、のんちゃん、Kさん。

みっちーさんとKさんは、そう2008年の夏、矢納谷で出会ったお二人だ。あの時、沢二回目と言っていたみっちーさん、Kさんは、沢には縁がないといった感じだった。ところが、今やコンビを組んで、奥の平、芦廼瀬川、黒蔵谷などなど凄いところに行ってるらしい。恐るべし。

みなさんが温泉に行った後も長々と座り込んで沢談義。今度、ぜひぜひ一緒にどこかへ行こうと別れた。この後、一つ滝に寄って素晴らしい二日間が終了。



キンゴさん、めぐわんこさん、ミンミンさん、えのっきーさん、M尾さん、坪姉さん、軍曹さん、そしてもとなかさん、本当にありがとうございました。みなさんとご一緒でき、とても楽しく充実した一日でした。

きらめく沢と水の音、みなさんの笑顔を決して忘れることはないでしょう。



撮影機材

Panasonic Lumix DMC-GH2
LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ASPH./MEGA O.I.S.
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

Panasonic Lumix DMC-FT2