2011年6月5日
舟ノ川 日裏山谷 三ツ嵓谷




峭壁・・・


PHOTO GALLERY

いつものひこさんとまいさんと湯ノ又に向かい、初めてご一緒していただく臆崖道さん、山ノ神さんとご挨拶。まずは、中尾をひたすら登って行く。あまり面白くないが、滝を見るためには、しかたがない。



P1325から視界が広がり、目指す北側の谷はもちろん、南側の谷も気になってしまう。



そして、細くなってくる尾根を辿り、やがて下降ポイントに到着。



日裏山本谷には、今やすっかり有名になった迷滝があり、多くの方が訪れているが、右俣の三嵓谷にも大岩壁から落ちる大滝がある。しかし、簡単には入谷できない厳しい谷であり、遡行は、滝メグラーの領域を完全に越えている。

そんな訳で尾根から下降しようと、ここまで登ってきたのだが、いよいよここからが本番。下降ルートの詳細な情報をふぇるめーるさんからいただいているので、まあ大丈夫だろう。

ドド〜ンと降りて見上げると、頭上を覆い尽くす緑が本当に綺麗だ。



右にある大きな壁を回り込んで行くはずだが、先が見えないので、ひこさんが偵察に行ってくれる。



大丈夫らしく、さらに降って行くと、谷に達するが、ちょっと降りすぎたみたいで、修正して大滝の下にある滝に到達。



二条30mと言われる滝だが、ひこさんが「一度でみっつのお得な滝」と言ったように三条に流れている。左右のハングした壁と相まってなかなか見事。下から見ても、もっと落差があるように感じる。





水の美しさも比類がなく、右の岩の割れ目を落ちる滝の小さい壺には、僅かに色があるが、そこから溢れた水は、無色透明となり流れていくのが、誠に不思議。







この滝の突破は、左岸の立ったリッジを登る。木の根などの手がかりがあり大丈夫そうだが、念のため、ひこさんにロープを引っ張ってもらう。滝上は、穏やかな雰囲気で、左岸の緩い斜面をそのまま行けそう。



右岸に続く高い壁を見上げながら進んでいくと、開けた空間に三ツ嵓の大滝が見えてきた。





おくがけどさんは、さっそく滝に張り付いてはります。
まいちゃんが「パンダさ〜ん、カモシカ」と言ってくれるが、あたりを見回してもカモシカなんいていないし、あまり気にせずに撮影開始。



とにかく嵓と呼ばれる聳え立つ壁が圧倒的。あまりにでかすぎて、滝の存在感まで小さくしてしまうほどだ。

大きな大きな壁の僅かな切れ目を突いて流れ降る姿は、大自然の作り出したなんとも不思議な光景で、滝の上がどうなっているのか、ちょっと想像もできない。あいにく小雨が降り出してきたが、その壮大な景観に酔いしれる。





何カットか撮影して、ふと見ると、あまりに小さいカモシカがそこにいるではないか。思わず「あ〜っ」と大声を出してしまった。その瞬間、幼いカモシカは、崖を必死で登ろうとするが、何度もずり落ちて登ることができない。

もう滝どころではなく、この小さな生き物が気になってしかたがない。徐々に距離を縮めていくと、あきらめたのか、目の前でも逃げなくなった。つぶらな瞳がほんとうにかわいい。

でも、上に連れて行ってあげようと手を伸ばすと、やはり逃げてしまう。腹が減ってるだろうとナッツをあげてみるが、野生の動物が食うわけがない。



やがてガスが湧き出し、谷が幽玄な雰囲気に包まれてきた。





名残惜しいが、ここから脱出せねばならない。少し下流の緩斜面から中尾目指して登っていく。小さなカモシカもここなら登っていけるかもしれない。いや、きっと登っていくだろう。



緩い斜面も途中から立ってきて、さらに崖に阻まれて右へ左へとうろうろ、全員で脱出口を探し、見つけた僅かな隙間をついて安全地帯へ達した。

シロヤシオやシャクナゲが迎えてくれて、立ち込めるガスがいい雰囲気。あぁ〜、大峰なんやと感慨にふける。みんなの安堵の表情が、また嬉しい。





暗くなる前に湯ノ又に戻ってきたが、けっこう長く、しんどい道程だった。それでも、あの三ツ嵓谷に足跡を残せて幸せだ。

黒い大滝、あと二つ・・・

臆崖道さん、山ノ神さん、ひこさん、まいさん、どうもありがとうございました。



撮影機材

Panasonic Lumix DMC-GH2
LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ASPH./MEGA O.I.S.
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

Panasonic Lumix DMC-FT2