2011年6月26日
北山川 摺子谷




滝屋の沢登り・・・


PHOTO GALLERY

成ノ滝の翌日は、ワイワイガヤガヤと前鬼で遊ぶ予定だった。ところが、生憎の天気で雨になりそうなので、大水量に期待して摺子谷に変更。がぶんたさん、ひこさんと合流し、そこへ、摺子谷ならばと臆崖道さん、山ノ神さんも来てくれて、総勢6名でスタート。



林道を歩いて、橋のところから直ぐに川に降りる。堰堤を越え少しで、左岸から入る支流との出合。左俣の大滝210mを遠望にて見上げると、天気も悪くなく、なかなか良さそう。



そのまま、暗〜い谷間を進んでいくと、右岸に大きな枝沢が急な角度で入ってくる。これが左俣で、大岩が体積し、威圧的な景観。岩を越えてヨイショヨイショと左俣を登って行く。







しだいに上の方が開けてきて、木々の間から大滝が登場。



近付くと、上部は全く見えないが、見えているところだけでも素晴らしい大瀑。雨どころか青空が広がっていて、美しく大きな姿を見せてくれた。







本谷に戻って、さらに奥へ。



流れる水が無くなると、90度右へ曲がり、あの素晴らしい滝の前。言葉で説明するのは難しいが、三方を高い壁に囲まれ、その中に落ちる姿は、圧倒的。摺子谷を訪れる滝メグラーは、無視せずに見て欲しい。



上段の滝前に迫り、井戸の底に立とうと、ひこさんがロープを持って下段を越えて行った。



ところが、上には、ロープをかける支点がなく、みんなで上がるのは断念。そこには、美しい壺があったらしい。

右俣大滝へは、仕事道があるが、今日は、沢通しで行くと全員の意見が一致。この滝を巻きにかかる。先ずは、正面のルンゼを詰めたところにかかる滝の下段を登り、上段との間のテラスへ。もうここだけでも大騒ぎ。



ここから滝頭へ寄っていくのが、さらに微妙。トラバースから直上と際どいルートをひこさんトップで突破。ロープをFIXして、後続が続いた。



なんとか全員無事登りきり、谷へ戻ってほっと一息。我々には、なかなか厳しい巻きだった。



大休憩の後、さらに谷を詰めると、いよいよ右俣大滝120mの登場。



期待したよりも水量が少ないが、岩を伝って落ちてくる水と、上部で拡散し、霧のように広がる水が混じり合う姿が本当に美しい。











前回は、単独での滝の巻きに躊躇し、道を辿ったが、今回は、みんなの力で抜けることができ、とても幸せな滝行になった。沢を登って滝に会うと、その感動もより大きくなるのかもしれない。

臆崖道さん、山ノ神さん、がぶんたさん、ひこさん、もとなかさん、どうもありがとうございました。



撮影機材

Panasonic Lumix DMC-GH2
LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ASPH./MEGA O.I.S.
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

Panasonic Lumix DMC-FT2