2011年7月23日
宮川 大和谷 赤嵓谷 美濃ヶ谷




台風去って・・・


PHOTO GALLERY

大和谷の夫婦滝、ぜひとも水量の多い時に行きたいと思っていたが、もとなかさんと相談し、今がチャンスとばかりにやってきた。

宮川ダムにさしかかると大放流中、やはりかなり雨が降ったようだ。



心配は、この先の林道。思ったとおり所々土砂が体積しているが、なんとか乗り越え、祈るように進んでいく。ところが、まもなく道が完全に寸断。

どうしようか迷ったが、とりあえず行こうと、二人で林道をトボトボと歩いて行く。すると、対岸高く、ガスの向こうに上ノ谷にかかると思われる大きな滝が見えてきた。



直ぐ西には、赤嵓谷の大滝もはっきりと見える。昨日、発売になり、早速手に入れた川崎実さんの「秘瀑」に載っていた知られざる滝達だ。



そのまま歩いて林道終点の滝谷出合。車を動かしたり、歩いたりで遅くなってしまい、なんとなくテンションダウンで、大和谷はあきらめモード。

今や哀れな姿になってしまった滝谷三滝にも水が流れているのではないかと期待したが、残念ながら全く水がない。それでは、かっこいい滝が見えた赤嵓谷に行こうと、林道を戻り発電所の西から谷に入った。

出合にかかる滝が水量豊富で、初っぱなから素晴らしい渓相。その流れが本流へと注いでいく様もことのほか美しい。





さあ行こうと谷を遡ると、水が飛び跳ね、もの凄い勢いで流れていく。







輝き躍動する渓があまりに素晴らしく、ほんとうに来て良かったという感じ。





ところがところが、何時まで経っても見えていた大滝が出てこない。それどころか、傾斜が増してきて、大きな壁の裏を巻くように登っていくが、これは、どう考えてもおかしい。入る谷を間違えたかもしれない。

でも他には無いはずやしと、??ながらも下降していくと、なんと途中で二俣になっていた。右の谷は、水量が極端に少なく、その素晴らしい水に目を奪われていたのか、全く気がつかなかった。

右俣に入ると直ぐにその大滝は、登場。





「秘瀑」の写真のとおりのいい滝で、左俣で水と格闘したあとでは、優しい感じさえ感じるが、立派で特徴のある姿。



いつものようにゆっくりと過ごして本流へ戻ると、明るい流れが、また綺麗だった。



この後、いつでも行けそうで行くことができなかった六十尋滝に寄ったが、水量豊富な姿にびっくり。二人して「こりゃ凄い」と大歓声。







滝前から右にかけては、爆風、瀑水で、FT2を持って突入すると、まるで、あの小木森のようだった。





「秘瀑」には、多くのまだ見ぬ滝が散りばめられていて、見ているだけで溜息が出てくる。そんな秘瀑の一つに行くことができ、結果オーライだったかもしれない。

もとなかさん、どうもありがとうございました。



撮影機材

Panasonic Lumix DMC-GH2
LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ASPH./MEGA O.I.S.
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

Panasonic Lumix DMC-FT2