2011年7月24日
蓮川 布引谷




蓮の大瀑・・・


PHOTO GALLERY

宮川の翌日は、もとなかさんと蓮にやってきた。車が二台あるので、平瀬橋に一台デポして、ダムの巡視路から布引谷へ入っていく。

下には、豊かな水量の滝が連続してかかり、勢いのある姿に心が躍る。ジャブジャブと流れに入って堰堤を越えていくと、両岸が立つ暗いゴルジュに突入、直ぐに最初の美しい滝。



左の壁を伝えそうにも思えるが、落ちたらやばいので、右岸の壁を直上して巻いて行く。最近、こんなところをフリーで越えるのが、とても怖い。

次の滝も迫力があり、そこから流れていく水がとても美しい。



ここも垂直の壁に囲まれて、全く越えられないように思えるが、前回来たときもあった右岸によりかかる木が健在。今回もこの木を利用して登った。

滝上へ出ると、谷に光りが差してくる光景が感動的。



明るく広がった谷は、変化のないゴーロ歩きが続くが、やがて傾斜が増してくると水が躍動し、その光景を前に自然に笑みがこぼれてくる







そして、右岸から流れが幾筋も出合ってきて、このあたりが布引谷でも最も美しいところかも。





突き当たりには、落口に大岩が詰まるあの素晴らしい滝。





岩をすり抜けた水が、直ぐしたで合わさって爆裂、岩溝を割って落ち、美しい水を湛える壺へと注いでいく。





右岸から簡単に越えて、次に目指すは、布引滝が遠望できる伐採地。水から離れると暑いし、ヘロヘロになって到着。

実際には、かなり遠いが、ゆったりと落ちる眺めが大瀑の風格。



かなり風が吹いているのか、太い流れが右に左にとダンス。





最後は、また谷へ降りて布引滝へと迫っていく。前衛滝の下から見る布引滝は、最高のかっこよさ。





前回は何でもないと思った前衛滝の左岸越えも、何故か足がすくむ。慎重に進んで大滝下に到達。

やはり、もの凄い爆風で、これぞ布引滝の洗礼とばかりにたちまちびしょ濡れ。





ここから、右岸を適当に登って道に出て、平瀬橋へと下山。

久しぶりの布引谷は、変わることなく素晴らしかった。行く前は、前に行ったしと、正直少しテンションが下がるが、谷に入ると、たちまちその魅力に引き込まれてしまう。いいところは、何度行ってもいいのかもしれない。

もとなかさん、どうもありがとうございました。



撮影機材

Panasonic Lumix DMC-GH2
LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ASPH./MEGA O.I.S.
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

Panasonic Lumix DMC-FT2