2011年7月31日
本沢川 白倉又谷




碧緑・・・


PHOTO GALLERY

布引谷へ「思い出」を取り戻しに行きたいと言うもとなかさんを説得して、やって来たのは、白倉又。中部ゴルジュに落ちる二本の滝が、どうしても見たかったが、なんやかんやで単独では、躊躇してしまうところ。強いパートナーと共に期待に胸をふくらませて入渓した。

少し進むと、淵が渦巻く滝の前。どうするか、じゃまくさいから泳ぐか。



なんか暗いしで、冷たそう。泳ぎは避けて左へ廻ると、なるほどといった感じで登るルートが見える。高度感はあるが、難所はなく、簡単に越えた。

上は、水流が岩にぶつかって跳ね返り、荒々しさと美しい水の対比が見事。



次は、大きな釜を持つ美瀑。まだ暗い谷の中で、滝の流れだけが、やたらに明るく、撮影してもほとんど写真にならない。救えたのは、たった一枚。



しかししかし、滝と大きな釜、そこから溢れていく水を眺めていると、それは、もうすでに「絶美なる」という言葉が相応しい程の素晴らしさ。碧みがかった水の色に吸い込まれていきそうだ。何故か、この滝をどうやって越えたのか全く覚えてない。

さらに進むと、谷が明るくなってきて、前に見えるのは、期待の場所のよう。狭まった壁の間を流れる水が、これまたとびきりの美しさ。



左の岩を登ると、二本の滝を見ることができる絶景空間。高度感と深い釜に恐ろしさも感じるが、その美しい姿にしばし立ちすくんでしまう。



太陽が差し込み、また陰り、谷に光りが走って、その輝きと美しさも最高潮。









さあ、ここから先のゴルジュが大変なところ。とは言っても、手に負えそうにないので、左岸からスペシャルルートで巻いた。

谷に戻って、少しで湧き水帯。豊かな豊かな水が白倉又に流れていく。





ここから少しで、馬ノ鞍谷との出合にかかる滝。







この滝もこんなに大きく綺麗な壺を持っているとは、全く想像してなかったので、びっくり。左からは、同じ壺に馬ノ鞍谷が入ってくる。飛沫が舞い散り、清涼感抜群。





左岸から巻き登れば、大滝の登場。大滝前は、明るく開けた心地よい空間。その滝壺の色は、これまでとは違う美しく優しい緑。









近づくと、上段は見えないが、途中からジャンプしてカーテンのように降り注ぐ流身がとても美しい。









いつものようにゆっくりと過ごして、道を辿って下山した。

白倉又谷には、ほんとうに驚いた。その碧緑な豊かな水が流れていく様は、本当にありえないような世界。心打たれるとは、まさにこのことか。素晴らしき沢旅に感謝。

もとなかさん、どうもありがとうございました。



撮影機材

Panasonic Lumix DMC-GH2
LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ASPH./MEGA O.I.S.
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

Panasonic Lumix DMC-FT2