2011年8月28日
滝川 本谷




滝女と網女・・・


PHOTO GALLERY

先週に続いてまたまた滝川。今日は、大学時代の友人のMHとTM、ひこさんと若き滝女のまいちゃん、それに謎の網女が加わって、なんとも不思議なメンバー構成。

お茶屋から谷に降りて遡行を開始。泡立つ水の流れに目を奪われるが、薄曇りなのと少し濁りが入っているのか、ちょっと冴えない水色。





大きく開けた奥にゴルジュの始まりらしい迫力の滝が見え、近付くと手前には大きな釜。





ひこさんがさっそく泳いで偵察に行くが、ザック背負ったままでは、抵抗で近づけないと戻ってきた。



というわけで、左岸の巻けそうな所を目指してスイスイ−、プカプカ。大事な道具をひっつけた網女ももちろん続く。



巻き進むと迫力の流れが見え、近づけるところもあるが、やはり先へ進めないので、まとめて巻いてしまう。



どこまでも美しい眺めが続き、気持ちいいので無理に泳いだりしながら快調に進んでいく。







大岩の鎮座した滝を右岸から越える時のツルツルの岩が、ちょっとした難所で大騒ぎ。





ここを過ぎると大きな一枚岩が現れて、滝女と網女は、またまたてこずりながらも何故か嬉しそう。







そろそろ晴れてくるかな〜と思っていたが、薄曇りで日が差さしてこないのがちょっと残念。それでも、「あー、うわー、凄い」と弾ける水や素晴らしい眺めに度々立ち止まるのは、いつものこと。











やがて目前に絶景空間が広がる。本流の滝が注ぐ大きな大きな釜、支流からも美しい滝が流れ落ち、奥にもさらに滝がかかる。釜の底を見つめていると、美しさを超えて恐ろしささえ感じてくる。



右岸から巻き越えると奥の滝が全貌を表し、これまた美しい。



不動滝がちらっと見え、もう終わりも近い。ここらで薪を集めて、待望のめしタイム。網女が引っ付けてきたやつを降ろして豪勢にバーベキュー。



最後は、不動滝。下から眺める不動滝は、大迫力なのは言うまでもない。滝前の大きなテーブル状の岩に乗って飛沫をめいっぱい浴びた。













短く物足りない面もあったが、楽しく水と戯れた夏の一日に感謝。また天気のいいときに遊びに来たい。謎の網女は、久〜しぶりに参戦した嫁さん。長いブランクの後だったが、楽しんでくれたようで良かった。

MHとTM、ひこさん、まいちゃん、どうもありがとうございました。



撮影機材

Panasonic Lumix DMC-GH2
LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ASPH./MEGA O.I.S.

Panasonic Lumix DMC-FT2