2011年9月25日
神崎川 ツメカリ谷




流されたい・・・


PHOTO GALLERY

9月最後の日曜日も鈴鹿。候補はいろいろあったが、もう泳ぐのもそろそろ終わりだろうと、ひこさん、まいちゃん、嫁さんと四人で神崎川に突入した。

林道から取水堰堤の所に降りて遡行を開始。



堰堤を越えると、待っているのは美しい水と素晴らしい渓相。本当に綺麗で水中にある岩までクッキリと見えている。







迫力の小滝を越えると、どうやら対岸へ渡る必要あり。泳ぎにきたつもりが、肌寒くすっきりしない天気に濡れるのを躊躇してしまう。



ひこさんがバランスをとってうまく越えていったが、まいちゃんと嫁さんは、早くも水没。でも全く動じず嬉しそう。







そして、噂のS字廊下。ますます冴えてくる水色と泡立つ流れにうっとり。









次の大きな淵は意を決して泳ぐが、谷が狭まるところは流れが強く、壁にへばりついたりして大騒ぎで突破。









広いツメカリ谷出合で小休止の後、左へ進んでツメカリ谷へ。



ツメカリ谷は、スケールは小さいものの両岸立ったゴルジュ状の谷が続いている。ただし、穏やかに高度を上げていくので、悪場のない楽しい遡行。登ったり、へつったり、泳いだりしながらどんどん進んでいくことができる。











雲が流れ、その隙間から差し込む光が、美しい水をさらに輝かせて気分も最高潮。





そして、空が広くなってきて、青空まで見えてきた。







裏見の滝をシャワーを浴びて潜ると、もう滝場も終わりな感じ。





ショートカットで白滝谷へ乗越そうと、事前に考えていたポイントからP822東の鞍部に向かって登って行く。そこは、水がチョロチョロと流れる小さな支流で、うまく白滝谷へと乗越すことができた。



白滝谷に付いている道を降ると神崎川。ここから神崎川を流されて戻る予定だったが、何故か左をとって神崎川をまたまた遡行。途中から話題が天狗滝になっていたので、当然の成り行きかも。



そして、大きな釜が印象的な天狗滝とご対面。この大きな釜も、ひこさんによると、前に来たときには埋まっていて、残念な滝姿だったらしい。





天狗滝で何故GH2を出さなかったのか、それについてはよく覚えていない。美しい水と遊んだ鮮烈な遡行に撮影すら忘れてしまったのかもしれない。

今回は少し肌寒く、帰りは濡れるのを避けて林道まで戻った。来シーズンの暑〜い夏は、あの美しい水に思い切り流されてみたい・・・

ひこさん、まいちゃん、どうもありがとうございました。



撮影機材

Panasonic Lumix DMC-FT2