2011年11月12-13日
宮川 大和谷 ロクロ谷




滝前で・・・


PHOTO GALLERY


さらなる紅葉を探しにやって来たのは、夏に断念した大和谷。メンバーは、がぶんたきさん、もとなかさんと私の三人。前鬼でのまったり沢泊が良かったので、今回も大和谷で泊してロクロ谷の大滝も狙おうという計画。


がぶんたきさんは、かわいい子猫のタキちゃんを迎えて、がぶんたさんからがぶんたきさんへと改名。ちょっとは、女性らしいHNになったかも。


梯子やパイプで付けられた道を歩いていくと、六丁峠への登り。ヒーヒーと登って降ってダムに着くが、荷物が重いし暑いしで、かなりしんどい。







対岸へとダムを渡り、ロクロ谷出合の滝を見て遡行開始。穏やかな谷は、変化に乏しく期待の紅葉も今一な感じ。それでも時々枝沢から滝が落ちてきて、秋色になりつつある癒しの空間が続いている。













前方にくの字の滝が見えてくると、いよいよ大滝も近い。



このくの字滝は、トラロープの付いている右岸から越えるが、見た目以上にいやらしい。



そして、大きな岩壁を割るように巴滝の登場。水量豊かな水が躍動し、滑るように落ちていく。







左岸の壁に取り付くと、こここにもロープが付いていた。高さはあるが、岩がしっかりしていてロープもいらない感じ。



巴滝の上は、また穏やかになって、少し進むと大きな白布が見えてきた。



夫婦滝と呼ばれる二つの大滝が見えるここは、なんとも素晴らしい所。手前の雌滝はもちろん、夏なら見えにくいだろう奥の雄滝もバッチリ見える。



岩に囲まれた雄滝前は、飛沫が容赦なく舞い上がり、滝と高く突きあがる壁が作り出す景観が圧倒的。





大迫力ながら優雅な雌滝も素晴らしい滝姿。勢いのある上段を落ちた水がスラブ壁を滑り落ち、最後は美しいカーテンとなって裏見の滝を形成する。おそらく上段の下には、美しい釜があるのではないか。









明日のロクロ谷に備えて、谷を戻って泊するつもりだったが、ここから離れる気になるはずがなく、滝屋の憧れである滝前泊に決定。今回もがぶんたきさんが用意してくれた工夫を凝らしたメニューを楽しむ。





朝は、少し簡単に済ませたが、最後に食べた焼き芋も最高。もとなかさんは、100点満点と喜んでいた。











ダムまで戻って、いよいよロクロ谷。出合の滝の左岸巻きは、帰りは通りたくないと思えるような際どさ。



この後も両岸高く、昨日と違いちょっと本格的な遡行になるが、ドボンとかいろいろあって笑いが谷に木霊する。



そして、現れた二段滝はとても見事な姿。先が分からないので、小休止して通り過ぎたが、帰りにきちんと撮影。



右岸から急斜面を巻くと、かなり高く登らされて、念のためロープを出して谷に復帰。次の二段滝は、往きは右岸から帰りは左岸から越えたが、左岸の方が簡単。



直ぐにロクロ谷の大滝が見えてきて、大歓声。やったーという想いとホットした想いが交差する。



紅葉には恵まれなかったが、この素晴らしい大滝を前に言葉はいらない。対岸のテラスに登れば、その長大な姿が全貌を表す。超広角レンズをもってしてもとても収まりきらない。









やはり沢泊にてゆっくりと楽しむのは、最高の一時。美しい台高の秘瀑に圧倒された素敵な滝旅だった。

がぶんたきさん、もとなかさん、どうもありがとうございました。



撮影機材

Panasonic Lumix DMC-GH2
LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ASPH./MEGA O.I.S.
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

Panasonic Lumix DMC-FT3