2011年12月24日
八ヶ岳




青空〜


PHOTO GALLERY


大荒れ予報のクリスマス、一路白馬までやってきた。

メルヘンチックな某宿でおくがけどご夫妻と久しぶりのご対面。体調が思わしくなかった臆崖道さんは、すっかり元気になられたようで、そのことが何より嬉しい。豪華な夕食や山ノ神さん手作りのデザートをごちそうになり、おなか一杯。楽しいクリスマスの夜をありがとうございました。

翌日からの案は、色々あったが、25日の天気がさらに悪そうということもあり、日帰りでの氷瀑巡りに決定。ところが、出発して車を走らせると何故かいい天気。後立山連峰の美しく大きな姿に見とれる。




この構図では、どうしても電線が入るが、消えていただいた。



そして、急遽雪山ハイクに予定を変更、ピラタス蓼科ロープウェイに乗って一気に2237mへ。ロープウェイ内のアナウンスでは、雪が少なく、スノーシューは要らないとのこと。う〜ん、乗る前に言って欲しいかも、今日も背中のスノーシューが重くなりそう。

ロープウェイを降りると、本当に雪が少ないが、青空と白い雪面が眩しい。









遠目では、ぎっしりと霧氷が付いているように見えたが、近づくと霧氷ではなく着雪でちょっと残念。それでもいい天気といい眺めに自然に笑みがこぼれる。



北横岳ヒュッテに到着するが、休憩なしでそのまま山頂へ。おくがけどさん、スタスタと足取りが凄く軽い。



そして、北横岳南峰2471.6m、なんと安直な登頂だろうか。八経より500m以上高いとは、ありえへ〜ん。

南八ツの上には雲がかかっているが、まだ大丈夫そう。あっちへ行けば良かったかも。





それでも、さすがに風が吹き抜けるので、風の苦手な嫁さんは、この体勢を維持。



南峰より少し標高が高い北峰は、何故か風が弱くてまだ快適。蓼科山もクッキリ。









北横岳ヒュッテ前に戻ってカップ麺タイム。かなり冷えて寒いが、先週の釈迦のほうが寒かったように感じるから不思議。



帰りは、早くも雲が広がって怪しげな天気に。一気に登って正解。





吹雪の中を歩いてのテント泊、そんな耐寒訓練を覚悟していたが、青空の下、気持ちの良い雪山ハイクになった。

臆崖道さん、山ノ神さん、どうもありがとうございました。



撮影機材

Panasonic Lumix DMC-GX1
LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm/F3.5-5.6 ASPH/POWER O.I.S.
LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ASPH/POWER O.I.S.

Canon PowerShot S95