2012年1月15日
大峰山脈




カニカニ・・・


PHOTO GALLERY


この日は、久しぶりにピッケルを持っての山。スタートから既にトレースがなく、誰も登ってないのかと思ったが、尾根に乗ると何故かトレースが付いていた。



岩からしみ出す水が凍りつき、雪と合わさる景観が大普賢ならでは。





雪が柔らかく、そのまま行けそうにも思ったが、念のため笙の窟でアイゼンを装着。





石の鼻に乗ると、いつもながらのいい眺め。何本かの巨大な氷柱も見える。天気が冴えないのが、ちょっと残念。









石の鼻から先はトレースが消え、真っ白い雪面が続いている。う〜ん、嬉しいやら悲しいやら。最初の壁を慎重に越え、雪を蹴散らして進んでいく。



小普賢を越える夏道は、一面の雪壁。



大丈夫だろうと悩まずに突入、ピッケルはもちろん、空いた手も雪に突き刺し、足を蹴り込んで水平移動。ところが、足下の雪が崩れ落ち、なかなか終わらないカニ歩きにこんなに距離があったかと思えてくる。





雪から飛び出した鎖が見えてきて、トラバースは終わり。思ったより手強かった。



少し登って小普賢岳の肩。





ここから鞍部へと降りて行くが、途中からは、またまた前を向いて歩かせてくれない。







鞍部から先の桟橋や梯子は、もちろん雪に埋まっていて一面の雪壁。トラバースからルンゼの直上と嫁さんががんばってくれる。







ルンゼから小尾根に乗り、上部に岩が張り出すところを低くなって慎重に通過、桟橋で右へ。



ここからも真っ直ぐには登りにくく、弱点を探しての際どいトラバースが続く。また、的確なルートファインディングが必要なところ。



そして、山頂へと続く尾根の下の安全地帯に到着。後は、一本のラインを上まで引くだけ。軽い嫁さんは、さっさと先へ行ってしまうが、巨漢の私は、ズボりながらゼーゼーと登って行く。



急登が終わると穏やかな尾根。気がつけば、あまり見てなかった霧氷に覆われていて綺麗だ。



山頂は、あまり展望がなかったが、登頂できたことを熱く静かに喜び合った。





やがてアンザイレンした方達が登ってこられて、ちょっとびっくり。聞くとガイド登山とのこと。



厳冬期の大普賢、覆い尽くす雪が一面の雪壁を作り出し、それもまた厳しくも美しい大峰の姿。昨シーズンは単独だったが、今シーズンは二人で登れたことが何よりの幸せ・・・



撮影機材

Panasonic Lumix DMC-GX1
LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm/F3.5-5.6 ASPH/POWER O.I.S.
LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ASPH/POWER O.I.S.

Canon PowerShot S95