2012年2月12日
台高山脈




白き儚き・・・


PHOTO GALLERY


嫌な林道歩きを終え、登山道に入って何度かの徒渉をこなすと明神滝。この滝が凍ったのは見たことがないが、周りにできた氷がなかなか立派。



滝から上は、早くも霧氷に覆われだし、冬の冷たい空気が心地よい。



綺麗な霧氷に誘われるようにルートを外れて森の中に入ったりと、何時ものようにゆっくりとした歩み。



明神平は、ガスに覆われて視界不良。





この状態にどうしたものかと迷うが、休憩の後、予定通りに桧塚奥峰へと出発。

冴えない天気もなんのその、白い枝が幾枝にも重なり、その奥行きのある眺めは、全てが白に覆い尽くされているようで、本当に綺麗。





明神岳付近では、霧氷の発達がちょっと信じられない程。



明神岳から東へとそのまま急斜面を降りていくが、ここも素晴らしい霧氷に覆われている。



桧塚への尾根筋は、ちょっと霧氷が薄く期待はずれだったが、穏やかに続く癒しの森。





奥峰手前の斜面は風の通り道、雪も殆ど飛ばされてしまっている。



東側は、晴れてるかもと思ったが、奥峰に立っても空が少し明るい程度。冷たい風が吹き抜けて寒い。





明神岳への急斜面まで戻ると、やはり霧氷の厚みが全く違う。



往きに見たはずの稜線の霧氷も、その厚みにさらに驚く











そして、雲が切れて明るくなるが、それは一瞬の出来事。



空を見上げると、どんどん雲が流れていき、来るかもしれないと期待感一杯でウロウロ。



やがて、光が雪面を走り、青空が出現して歓喜の瞬間が訪れるが、青空は、猛スピードで流れていき、直ぐに消えてしまう。それでも、その眩しく輝く瞬間は、なによりの素晴らしさ。









光に照らされる薊岳を眺めながら下山にかかると、最後にひときわ鮮やかな姿を見せてくれた。







久しぶりの明神平は、凄い姿だった。台高の霧氷は、大峰に較べると劣るような気がしていたが、それは、全くの認識違い。

細い枝についた霧氷が折り重なるさまは、メルヘンチックで素晴らしく、また場所によっては、分厚い白が森を覆い尽くす。好天の時に訪れたなら、その輝く姿が、どれほど素晴らしいだろうか・・・



撮影機材

Panasonic Lumix DMC-GX1
LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm/F3.5-5.6 ASPH/POWER O.I.S.

Canon PowerShot S95