2012年2月19日
台高山脈




えらいこっちゃ・・・


PHOTO GALLERY


青空の弥山を狙うわが家は、天気予報とにらめっこ。土曜日は、全くダメ、日曜日は、晴れ間が出そうだが、弥山、八経の上だけガスに覆われているかもというなんとも微妙な天気。そんな訳で、先週にちょっと驚いた明神平の森に行くことに。

天気を詳細に検討した結果、スカッと晴れるのは、11時くらいまでかもしれないので、午前中勝負とまだ暗いうちから歩き出す。明神滝を過ぎると、辺り一面霧氷に覆われだし真っ白。先を急ぎたいところだが、早くも撮影に忙しい。



薊岳が照らされ、予想通りに素晴らしい天気になりそう。



ところが、明神平に着いてみると、あれれ〜。下界は晴れてるが、稜線上は、ガスに覆われているというちょっと嫌な状態。





しかたがないので、森の中で風を避けながら休憩。腹ごしらえしたりしていると、ガスが流れて青空が見え出し、光りが届いて明るくなってきた。





そして、シュワーと青空が広がり、もとなかさんがカメラを持って走っていく。



さあ行こう、あの森が待っている。まだまだ上空には、雲がたくさん流れていくが、期待に胸をふくらませてスタート。



三ツ塚へと斜面を登っていくと、どんどん天気が良くなり、青空をバックに広がる霧氷が美しい。細かい枝についた霧氷が重なる繊細で儚い眺めを見ていると、本当に来て良かったと思えてくる。







ふり返って見る国見山方面は、ガスの中だが、こっちは、もう青空全開。朝の斜光線が霧氷の中を通り抜けていき、それはそれは見事な眺め。









白と青の饗宴に目が眩み、シャッターを切った直後に一瞬映し出されるEVFの画像を見ると、その度に「クッハー」と大きな溜息が出る。

その様子を見て、もとなかさんも大笑い。嫁さんは、あっちへこっちへと忙しく、私は、「えらいこっちゃ、えらいこっちゃ」とつぶやき、三人とも夢の中へ迷い込んだよう。















三ツ塚付近は大木が多く、どこか大峰の森を思わせる。















明神岳付近の分厚い霧氷も前回確認した所。どかっと腰を下ろして休憩がてらゆっくりと楽しむ。











次に目指すのは、薊岳。三ツ塚へと戻っていくと、前で嫁さんが大きく手を振っている。何かなと思っていると、臆崖道さんと山ノ神さんが登って来られてびっくり。

臆崖道さんには、弥山突貫を考えて、直前まで天気の相談をしていたし、それにいつもマニアックな山に行かれているので、まさかこんなメジャーな所で会うとは、さらにびっくり。

弥山には行けなかったが、今日のあまりの素晴らしいさにこれ以上望むものはなにもない。



この後は、薊岳へと快適な尾根筋を歩いて行く。







前山を過ぎるとトレースが怪しくなり、やがて消失。そして予想通り天気が悪くなってくるが、時々青空が見えて、なんとか持ちこたえているようだ。







最後の方は、傾斜が強くなり、細い尾根に雪がどっさりと。雪をかき分け、格闘しながら薊岳に到着。







残念ながら、ガスに覆われていて眺めも良くないので、風を避けられるところまで戻りランチタイム。すると、またまた天気が回復、最後まで楽しませてくれる。







明神平が見えてくると、またまた嫁さんが、小屋前で休憩中の臆崖道さんと山ノ神さんを見つけて、めでたく再会。我々同様にゆっくりと一日を楽しまれたようだ。





晴れたときにまた来ようと思っていた明神平、それが、こんなに早く実現するとは思わなかった。

そして、晴れの明神平は、期待通り、いやそれ以上の素晴らしさだったのは言うまでもない。来シーズンは、テン泊でゆっくりと楽しみたい。

もとなかさん、どうもありがとうございました。



撮影機材

Panasonic Lumix DMC-GX1
LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm/F3.5-5.6 ASPH/POWER O.I.S.

Canon PowerShot S95