2012年3月3日
加越山地




福井良いとこ・・・


PHOTO GALLERY


今回は、雪たっぶりの福井の山へ行こうと、がぶんたきさん夫妻と六呂師高原へと車を走らせた。ところが、現地に近付くと路面は濡れてるし、山裾だけしか見えないほどガスに覆われている。これでは、厳しい経ヶ岳に突っ込むのはやばいかもと、思案の末、取立山に変更。

登山口まで車で入れないらしく、国道沿いの駐車場に止めて出発。締まっているように見える雪は、落とし穴だらけで、全く前に進めず早くもスノーシューの出番。



東山いこいの森の中を適当に行くが、スノーシューでもズボって歩きにくい。ようやく抜け出すと、次は急坂。ヨイショヨイショと登って行くと眺望が広がり気分も最高。天気も回復して晴れてきた。







そして、薄いながらも霧氷が着きだして、目を楽しませてくれる。







この山は、多くの登山者が登られていて、地元の方達にとても愛されているようだ。皆さんワカンか坪足で、スノーシューの威力にとても驚いていた。


一歩さんは、途中から新兵器のアイゼンの試し履き。





高度を上げるにしたがって眺望はどんどん良くなり、やがて白山がドドーンと登場。











広い取立山山頂は、もちろん素晴らしい眺め。





南方面には、登りたかった経ヶ岳。



北には、越前甲。



そして、東には、もちろん白山。



爽快で素晴らしい眺めを前に自然に笑みがこぼれてくるし、地元で愛されているのが良く分かる。

東側へ尻セードで降りると、なだらかな台地が広がる。取立平というのだろうか。





避難小屋は雪で埋まって、屋根の上はミルフィーユのよう。ここは、風がなく暖かいので、昼食がてらゆっくりと休憩。



こつぶり山へと登れば、白山がさらに近くに迫ってくる。





下山は、滝谷にかかる大滝を見るために、こつぶり山から西へと延びる尾根を降って行く。こっちは、誰も歩かないのか、まっさらな雪面。急な尾根を少し行って、南西へと方向転換、適当に好きなところを降って行く。



そして、目の前の細い尾根には、トレースがあるようにも見えたが、そうではなく雪割れの筋で、そこを慎重に通過。



南東へと折り返して、滝谷へと降って行くところが、ちょっとやばいかもと思ったが、大きな問題はなく谷底へと達した。



雪で埋まる谷をそのまま歩いて滝上から左岸を巻き降って大滝に到着。冬枯れでちょっと寂しいが、30m程の立派な滝だった。



ここからも谷を降って適当なところから南へ回り込むようにトラバース、林道へと飛び出した。

取立山、大きく広がる景色を眺めて登るのが、本当に気持ちよく、とてもいい山だった。白山をはじめとする山々の連なりを見ることができる福井の山は、どこもいいのかもしれない。

がぶんたきさん、一歩さん、どうもありがとうございました。



撮影機材

Panasonic Lumix DMC-GX1
LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm/F3.5-5.6 ASPH/POWER O.I.S.