2012年3月11日
鈴鹿山脈




驚きの造形・・・


PHOTO GALLERY


福井に行きたかったが、どうも天気がはっきりしないので、やって来たのは、鈴鹿の北端。

雪の無い道を今畑から笹峠へと辿り、西南尾根の急登にさしかかると視界が開けてくる。







登りきると、穏やかに続く稜線が気持ちいい。ひょっとして咲いてるかと、黄色い花を探しながら歩くが、まだ早いようだ。





低い木々には、何か見たこともないような霧氷が着きだして、変わってるな〜という感じで足を止める。





さらに進んで最高点と呼ばれるピークに近付くと、この変わった霧氷がいっぱい。どうしてこうなるのか、これは一体なに?









今にも落ちそうに際どく細く、絶妙のバランスで留まってたり、まるで鳥の羽のように微妙なカーブを描いて伸びている。











落ちた霧氷を踏みしめながら最高点へと斜面を行けば、枯れ草に着いた霧氷が、まるでお花畑のように広がり、これまた美しい。













そして、何故か少し標高が低い霊仙山の山頂へ。霧氷は、新しい山名板よりも古いものがお好きなようだ。















ありえないような造形美を見せてくれた霧氷には、本当にびっくりだった。これは、この時期ならではなのだろうか、厳冬期の様子も気になってしまう。

がぶんたきさん、もとなかさん、どうもありがとうございました。



撮影機材

Panasonic Lumix DMC-GX1
LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm/F3.5-5.6 ASPH/POWER O.I.S.

Canon PowerShot S95