2012年6月10日
大洞川 井戸沢




源流・・・


PHOTO GALLERY


あっきーさんから奥秩父の滝を訪ねましょうとお誘いがあり、WATAさん、嫁さんと私の四人で源流の滝を目指した。

井戸沢は、遡行すると泊が必要なロングコースらしく、丹波山村から将監峠を越えて下降しようという計画で、三之瀬の登山道入口からスタート。



生憎の曇り空で水を感じない淡々とした登りが、滝屋には辛いところ。途中からルートが二手に分かれていて、地形図で見ると、東側の道は車が走れるほど緩そうで、そっちに入って歩いていると、本当に軽トラが走ってきて我々を抜かしていった。

思わず「お〜い」と声を出して手を振ると、ウィーンとバックしてきて、荷台に乗せてくれた。



乗せてもらったのはいいが、この軽トラ、慣れているのか、崖っぷちの道をかなりのスピードで駆け上がっていく。特に後ろ側に乗った私とあっきーさんは、振り落とされまいと必死で荷台の縁をつかんで大騒ぎ。

思わぬアトラクションのおかげで、あっという間に将監小屋に到着したが、標高が上がったためか霧雨が降っていた。



将監峠まで少し登って、井戸沢源頭へと笹の中を降りて行く。苔むした森がとても綺麗で、穏やかに水が流れる癒やしの空間。





いくつか滝が出てくるが、特に問題なく降りていける。





やがて、大滝の落ち口らしいところに到着。右岸から巻き降ると、そこは大滝に続く滝の下だったようで、折り返してこの滝を越えていく。





そして、期待の大滝が登場。壁に囲まれた滝前は威圧的で、特に右岸に張り出した岩盤が凄い。一方で落ち口から降り注ぐ水の流れは、とても優しく美しい。落ち着けるような広い場所は無いが、岩と緑と水の織りなす空間が秘境感満点。









帰りも緑溢れる美しい森の中を辿る楽しい一時。豊かな水の流れは、最後の最後まで切れることが無い。













奥秩父源流域の森は、とても美しかった。将監小屋の水場にもとうとうと水が溢れるように、稜線近い場所なのに美しい水に恵まれていて、それがこの辺りの特徴なのかもしれない。癒やしの滝旅に感謝。

あっきーさん、WATAさん、どうもありがとうございました。



撮影機材

Panasonic Lumix DMC-GH2
LUMIX G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

Panasonic Lumix DMC-FT2
Panasonic Lumix DMC-FT3