2012年6月17日
大武川 篠沢 桑木沢




爆裂・・・


PHOTO GALLERY


天気の悪い週末、回復を信じて篠沢大滝キャンプ場までやって来たが、車を大きな木の下に止めたにもかかわらず、フロントガラスをたたきつける雨の勢いは衰えることがない。

これではちょっと行く気になれず、別案を思案。これだけ降ってればあそこが狙い目ではと、普段は水が少なくアプローチが短そうな市川三郷町の千波滝まで車を走らせた。しかし、その大滝はどこにあるのかと思うほどの細い流れでがっくり、「退散」の文字が頭をよぎる。

どうしたものか、このまま帰ってもしかたがないしで、一応といった感じで篠沢大滝キャンプ場へ戻って行くと、幸いにも着く頃には雨があがっていた。

そんなこんなで遅いスタートになってしまったが、二本の大滝を目指してスタート。雨後の増水で水が濁ってしまっているが、水量的にはかなり期待できそう。





少しは沢を歩くのかと思っていたが、林道から左岸の登山道に入ると最後まで道が付いていた。

途中で右岸に渡って斜面を登っていくと、滝音が大きくなってきて、ドド〜ンと現れた篠沢大滝との出会いにびっくり、目の前にある爆裂の滝に度肝を抜かれる。











その瀑水は、残念ながら濁ってしまっているが、一瞬あの小木森かと見まがうほどの素晴らしさ。迫力の流れと美しい流れが織りなし躍動する様は、まさに最高の滝姿。

周りを包む豊かな緑の美しさも申し分なく、岩ばかりの殺伐とした眺めではなく生命感に溢れている。







林道を戻って、お次は桑木沢。

付いているはずの探勝路は最初だけで、沢に降りて歩いて行くが、倒木などで荒れた沢筋は、とても歩きにくい。それでも支流から落ちる滝や緑に包まれた沢が美しく、適度に現れる滝を見て楽しく進んでいく。









前衛の滝とちょっとした湧き水帯を越えると目的の黒戸噴水滝に到着。





篠沢大滝の後では、どうしても見劣りしてしまうが、この滝も申し分無く美しい。





滝名の由来になったであろう落ち口の噴水は、木々が茂っていても奥から手前へと吹き出している様子が、肉眼ではよく見えて、なんとも特徴的。



水量に恵まれた良いタイミングで二本の大滝を見ることができ、印象的な滝行になった。黒戸尾根に突き上げる両沢とも、まだまだ素晴らしい滝を秘めているのかもしれない。



撮影機材

Panasonic Lumix DMC-GH2
LUMIX G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ASPH/POWER O.I.S.
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

Panasonic Lumix DMC-FT3