2012年6月24日
又口川 桃ノ木谷




飛沫の中へ・・・


PHOTO GALLERY


この日は、がぶんたきさん、フジケンさん、もとなかさんが、何か企画していたので、帰阪ついでに急遽合流して、半ば強引に又口川を目指した。

もとなかさん号に全員乗り込んで、尾鷲からR425を走っていくと、又口川の綺麗な流れが見えてきて、その水を見ているだけで嬉しくなってくる。

天気があまり良くないが、川を渡って桃ノ木谷に入り遡行開始。



特に綺麗な渓相ではないが、岩を縫うように流れる水が気持ちよい。







地形図で桃ノ木谷となっているこの谷は、川崎実さんの「秘瀑」や1974年の「わらじの会」の記録(同じく川崎実さん)によると、地元では、山桃ノ谷と呼ばれているらしい。



しだいに両岸狭まってきて、ちょっとした難所が出現。左の滝を登ろうと右岸をへつって近付いてみると、ヌルヌルの岩に水が勢いよく流れていて、登れそうだが登りにくい感じ。左岸の岩棚の上をロープを出して越えた。





さらに岩を乗り越えて進んでいくと、見えてきたのは、期待の大滝。





滝下に立つと、凄い水量で逃げ場がなく、滝飛沫が容赦なく降り注いでくる。





岩を伝う流れと宙へと解き放たれたワイドな流れが重なる見事な滝姿に目を奪われる。その水の流れに柔らかな光が透過する様は、美そのもの。





この滝の巻きは、右岸の樹林の中を登り弱点を探るが、思ったより高い壁が続いている。見つけた壁の切れ目は、高い垂壁の上でちょっと危うそう。もとなかさんにロープを引っ張ってもらってルートを作るが、それでも壁を乗り越すところが微妙な感じで、慣れないフジケンさんには、恐い思いをさせてしまった。

戻った谷は、穏やかな流れ。その先には、これまた素晴らしい大滝が待っていた。







ついに雨が降ってきたのか、いや飛沫が舞っているのか、どっちなのかよく分からないほど水が飛びまくっている。

滝頭付近は、やや霞んでしまっているが、そこから吹き出される水のラインが秀逸で、独特かつ巨大な滝を形成している。

どこへ行っても、たちまちレンズが濡れてしまい、満足な撮影はとてもできない。それでも、なんとか数カットシャッターを切った。







天気が悪い上に飛沫を浴びまくって寒い寒い。冷えた体をカップ麺で温めてから退散。

下の大滝の巻き降りは、懸垂にて降りるが、垂壁の際にしか支点となる木がなく、そこから懸垂の体勢に入るのが、なんとも微妙。念のため、がぶんたきさんとフジケンさんには、上からも別ロープで確保して降りてもらった。

桃ノ木谷、誰も見向きもしない谷かもしれないが、そこには、素晴らしい大滝が秘められていた。その営みは、決して絶えること無く、これからも続いていくのだろう。

がぶんたきさん、フジケンさん、もとなかさん、どうもありがとうございました。



撮影機材

Panasonic Lumix DMC-GH2
LUMIX G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

Panasonic Lumix DMC-FT3