2012年8月13日
三戸川 北又谷



獣の感覚・・・


PHOTO GALLERY


天気の悪いお盆休み。紀伊半島南東部なら大丈夫かもとR169をもとなかさん号が南下していく。七色貯水池を見て三重県に入るが、さっきから降り出した雨は、弱まらない。

目的の谷は諦めて、空が明るい東を目指してどんどん走る。尾鷲辺りまで来ると雨も降ってなくてひと安心。さらに北上して、ようやく辿り着いたのは、長島の三戸川、宮川第一発電所近くの北又谷出合。

ところが、晴れ間の覗く空からまたまた雨が降ってきて、目指す北又谷を見るとガスに覆われている。しばし悩むが、もう選択肢もないので、とりあえず行こうとゲートを越えて舗装された林道を歩いていく。



林道が九十九折になり、木々の間から目指す大滝が見えてくる。下にも滝があり、その間は、かなり急峻なように見える。



二股近くまで来ると、崩壊気味で道がはっきりしなくなる。



見ると右股に立派な滝があり、滝屋の習性でふらふらとその滝に近付いていってしまう。



この滝を右岸から巻くが、後で敬語さんが、「沢登りではなく岩登り」と言ったように、ちょっといやらしいところを登って行く。



さらに遡行を続けるが、沢が開けて平流になってくるしで、どうもおかしい。地形図を確認すると、先へ進むと急な壁があり、そこかもしれないが、左股は、もっと近くに急な壁がある。もとなかさんが、「秘瀑」に左股て書いてあったような気がすると言うが、私は全く記憶に無い。

そんなこんなで、どうするか考えていると、左股を偵察に行ってくれていたひこさんが戻ってきて、「滝が続いてる〜」。で、二股近くまで下降して仕切り直し、崩れてて分からなかったが、左股には、不明瞭ながらまだ道が続いていて、最後は、朽ちた梯子を登ると大滝が現れた。と言いたいが、巨漢の私は、梯子を登るのが恐いので、横から登った。





例によって上の方は良く見えないが、なかなかの美瀑で、落ちていく水が、最後に作るカーテンが殊の外美しい。







川崎実さんの「秘瀑」によると、「この滝は右岸を大きく回り込むように巻いていく。思い切りが肝心だ。獣の感覚になれば、先行する獣の歩いた跡が見えてくる。」とある。



ところが、右岸の小尾根に乗って登っていき、滝頭へ近付くための獣の歩いた跡を見極めようとするが、それは全く見えてこない。立った壁が続いていて、簡単には近づけそうにない。どこかにルートがあるのだろうか。

地形図を見ると、この小尾根を傾斜の緩むところまで登り、そこからなら谷へ戻れそうだし、上の大滝の少し手前な感じだ。皆に「もっと上へ真っ直ぐに登ろう」と声をかけ、四足歩行でひたすら登っていく。

傾斜が緩み、北東へと向きを変えると、直ぐに川床が見えてきて、横に流れる支流の滝がとても美しい。



支流沿いに降りると、予想通りに開けた空間にワイドな壁。そこから大滝が落ちていた。





帰りは、巻き上がってきたルートをズルズルと降って下の大滝の前で休憩。ヘルメットを脱いで顔を洗うと、すごく気持ちいい。左岸に続く道を降り、途中にある湧き水で喉を潤す。



そのまま降って対岸に渡ると道が続いていて、二股が見えるところに出てきた。行きは、ここから右股の滝に行ってしまったのが失敗。



ふと気づくと、頭にあるはずのものが無い。さっき顔を洗ったところに忘れてきたようだ。

「僕が取ってきます」と元気な敬語さん。そこへ、もとなかさんが、「一人で行かすわけにはいかないと」二人で競うように大滝へと駆け上っていってくれた。たちまち戻ってきた体力自慢の二人の勝負は、今回は、もとなかさんが制した。今シーズンの思い出一杯のヘルメットが帰ってきた。本当にありがとう。

それにしても、下の滝の巻きは、大変な大高巻きだった。林道を歩きながら「まだまだあまいな。獣になられへんかったな。」と呟くと、敬語さんが、「いやいや獣になるというのは、四つん這いになることとちゃいますか〜」と言う。おぉ〜、そうか、そういうことにしておこう・・・

敬語さん、ひこさん、もとなかさん、どうもありがとうございました。



撮影機材


Panasonic Lumix DMC-GH2
LUMIX G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

Panasonic Lumix DMC-FT3