2012年8月16日
上多古川 大栃谷



滝滝滝〜


PHOTO GALLERY


ひこさん号を伊坪谷出合にデポして、私の車で奥へと進むと林道が完全に崩壊していてアウト。しかたがないので、適当なところに駐車して、今回も林道歩きからスタート。

大滝が見えるあたりから上多古川へと下降。パズルを解くように対岸へと渡ると、二条の滝が落ちる大栃谷出合。



右から巻き越えて大栃谷に入っていくと、直ぐに二条の滝。上には、巨大な滝がもう見えている。



左寄りの壁を登って大滝の前に立つと、高くから落ちてくる姿が、最高にかっこいい。



今日は、良い天気で大滝を中心に全てのものが輝いている。





右岸の大きなテラスの上に乗ると、あまりの気持ちよさに長居をしてしまった。

まだまだ先は長い、頑張っていこうと左岸より巻きにかかる。水が流れるルンゼ状のところを登って、行けそうなところをトラバースすると、うまく落ち口に出た。



上流に続く滝は、虹を架けて輝いていた。





行けるかもと、ひこさんが偵察がてら登っていくが、上にはつるつるの岩を滑る斜滝が続いているらしい。あきらめて左岸から巻いていく。



次の光が透過する滝も最高の美しさ。生憎ワイヤーが垂れていて、残念だったが、二人で一生懸命引っ張って端っこへと追いやった。









どっちからどう巻いたか覚えてないが、ピタリと落口に出られるのが気持ちいい。




また直ぐに次の滝。



これを越えるとまた大滝。



また一生懸命巻いて、ピタリと落口へ。



ようやく滝が切れて、しばしの沢歩き。滝の前を横切るだけで、全く水と戯れることなく巻き登ってきたので、本当にほっとする。森も最高の輝き。





しかし、長くは続かず、前方に滝が見えてくる。



連続して落ちていく見事な滝だが、途中に倒木が詰まっている。滑りそうな岩盤の上には、いい撮影場所がなく、ここしかないという感じで、その倒木の上に登り、なんとか撮影。どこかサスケ滝を思わせる見事な姿。



右岸から巻いていき、上に続く連瀑も一緒に越えていく。





ミニミニゴルジュのようなところを直進すると、突き当たりには、美しい流れが見事に合わさる。





右から落ちる二条滝を越えると、これまた素晴らしい絶景空間。聳立した壁から飛び出した水が、美しく広がり滑り落ちてくる。







大きな滝音が谷に響き渡るが、曇ってきた空模様とも相まって、ひっそりとした雰囲気に満たされていた。



下段を登って上段に近付くと、覆い被さってくる姿が圧倒的。





両岸高く、突破は簡単ではなさそう。右岸の壁際を登っていくと、その先にも壁が立っていて、右岸壁との間で浅いチムニーとなって上に続いている。

途中まで登ってみるが、支点がとれそうになく、なんとも微妙。登れそうだが、落ちると下まで転げて行きそうで、ちょっとやばい。よく見ると、汚れまくって朽ちたような残置スリングが見える。そこには、ハーケンも残置されているのだろうが、信頼できるかどうかは分からない。壁に張り付いて疲れてきたし、やっぱりしっかりした支点がないと危ないと判断し、断念。ひこさんも取り付いてみるが、やはりダメと降りてきた。

この滝の右岸巻きは、幾つか読んだレポでは、「垂壁をモンキークライムで登る」と書いてあったような気がするが、ここには、モンキークライムができるような木がないし、どうも違う感じ。

それでも、ここまで登ってきたしで、あきらめきれずに、今度は左の凹角に活路を求めてしまう。途中で右へ振って支点を取り、また左へ戻って、僅かに一本だけ生えている頭上の頼り無い灌木に、体をズリ上げて二つ目の支点をとる。

あと5mくらいか、太い木がある所まで行きたいが、手がかり足がかりに乏しい。おまけにブヨとアブの総攻撃を受け、どうにもこうにも大変。しかたがないので、支点をとった灌木に足を乗せてゆっくりと体重を乗せると、バキッと音がしてびっくり。ここで落ちたら、この支点は絶えられそうにないし、下の支点で止まっても軽いひこさんは、巨漢の私に引っ張られて、吹っ飛ぶかもしれない。

無理は禁物、あきらめて、上段の下まで懸垂で降りていく。下段まで降りずに、そのままトラバースして回り込むと、下から伸びてきているところにうまく着いた。なるほど、ここも垂壁だが、手がかりが一杯あって簡単。

そんなこんなで、ようやく落ち口に立つことができたが、大幅に時間を食ってしまった。



前方には、また直ぐに高い壁から一直線に水を落としている滝。ひこさんが、雨具を着ているのは、別に寒いわけではなく、めちゃくちゃ暑いのだが、ブヨ、アブ対策。



前衛の滝下から見る姿も美しく、これが最後の大滝か。



その前衛滝を越えて大滝下に行くと、これはどう見ても白傘の大やということで、ひこさんと意見が一致。白傘よりも高く、前方への落下距離も遠く、どうやと言わんばかりに水を噴射している。







左岸ルンゼより巻きにかかるが、時間も押してきてるしで、地形図とにらめっこ。ひょっとして滝を巻かずに勝負塚山へと直登できるかもしれない。

ルンゼを詰めると、小さな滝がかかる壁になっていた。この壁沿いを右へと少し登り、ここから伸びる尾根に取り付くと、うまく勝負塚山へと登り着いた。



時刻は、17時。もう闇下山必至なので、通信を試みるが、繋がりそうで繋がらない。ようやく、ひこさんのドコモがメール送信に成功した時には、30分も経っていた。

伊坪谷へと降っていく尾根は、明瞭で問題ないように思えたが、植林帯に入るとジグザクを切った道の上に伐採した木が被さり、だんだんと不明瞭になってくる。暗くなると、ますます分かりにくく、何度も道を外して、その度に戻って修正。伊坪谷沿いの水平道も取水施設に降りて行くところが、ちょっとややこしかった。

それでも、無事出合にかかる橋に着き、滝と壁と虫と格闘した暑〜い夏の一日が終わった。



急峻に突き上がる大栃谷は、噂どおりに滝で連なっていて、その個性的な滝達は、どれも魅力的。また行きたいような行きたくないような、そんな風に思える凄い所だった。

ひこさん、どうもありがとうございました。



撮影機材


Panasonic Lumix DMC-GH2
LUMIX G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

Panasonic Lumix DMC-FT3