2012年9月2日
名倉谷川 中の谷



滝屋と沢屋・・・


PHOTO GALLERY


またまた天気の悪い週末、予定していた沢に行くと、確実に雨になりそう。なんとか楽しめるところがないかと浮かんできたのが、中の川。

今回は、がぶんたきさん、敬語さん、まいさん、もとなかさん、嫁さんと私の6名が集まって、久しぶりの大所帯。

今にも雨が降りそうな冴えない天気の下、穏やかな流れに降りて遡行開始。



ちょっとした淵が現れて、さあどうするか。



ここを泳いで越えると吹っ切れて、その後はガンガンモード。











やがて、積み重なる大岩の向こうに三壺の滝が見えてきて、足早に滝前へと登っていく。





これが何故三壺なのかは分からないが、広がる流れが、やはり美しい。





右岸から巻き登って行くと、また違った滝姿を見ることができる。





巻き越えると、また穏やかな流れ。



大きな淵に何者かが橋を架けたように棒が見事に留まっている。増水時には、少なくともここまで水が増えたのだろう。



2009年には、単独で遡行したが、今日は大勢でワイワイと楽しい。悪場がなく、それなりに楽しめてしまうのもこの谷の良いところ。









そして、第一支流の大滝が奥に見える大きな淵を次々と気持ちよさそうに泳いで行く。泳ぐというよりプカプカと浮いているといった感じだ。











大滝前の広場でゆっくりと休憩しているとパラパラと雨が降ってくるが、まあこれくらいは仕方がない。







さあ行こうと左の本流を詰め上がって行く。それぞれジャケットを着込むが、私と嫁さんは半袖のまま。













いつの間にか雨も上がって、最後の大滝の前でまたまた大休憩。

同じように沢を遡行しても、滝屋と沢屋ではかなり違うと思う。いろいろと違うところはあるが、決定的に違うと感じるのは、滝の下で休憩するのが、滝屋の流儀。それに対して沢屋さんは、滝を越えてから休憩するのが、流儀のようだ。



そうこうしていると、シュワ〜と日が差してきて、滝が輝き、滝壺からは神秘の光りが放たれてくる。ほんの一瞬の出来事に大歓声。



左岸からヨイショヨイショと越えて落ち口を睨む。





滑り落ちていく水の放射は、いつ見ても、どの滝も格好いい。



最後は、珍しく沢屋さん風に落ち口で記念撮影。キンゴさんポーズで決めるはずが、約二名どうしたのかな。



仲間達と共に歩む沢登りほど楽しいものはない。今の私にとってかけがえのない時なのは間違いなく、なにより大切な宝物なのかもしれない。

がぶんたきさん、敬語さん、まいさん、もとなかさん、どうもありがとうございました。



撮影機材

Panasonic Lumix DMC-GH2
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

Panasonic Lumix DMC-FT2
Panasonic Lumix DMC-FT3