2012年10月6日
粒様沢 様ノ沢



神様の沢・・・


PHOTO GALLERY


金曜日の夜、仕事が終わってから栃木へと爆走し、matsuさんと遙々兵庫からやって来たがぶんたきさんと合流。matsuさん号に三人分の荷物をぎゅうぎゅう詰めにし、三人で一路秋田を目指して、またまた爆走。遠〜い秋田に着いたのは、もちろん明け方。さらに富山から来たおでんさんと合流して、森吉山の東に何とか到着。

先ずは、桃洞滝へと続くトウド沢沿いの遊歩道を歩いて行く。静かで綺麗な森で、とても良い雰囲気。







分岐を左の赤水沢へと進んで、しばらくでナメの続く沢へと降りて歩いて行く。



紅葉を期待してきたが、まだ早かったようで残念。赤水沢は、綺麗で気持ちが良いなどと言われているようだが、お世辞にも綺麗と言えるような渓相ではなく、これまた残念。



目的の滝は、一本北の「様ノ沢」にあって、地形図で見定めた地点から右岸に入る水が滴る程度の小さな枝沢を辿って尾根を乗越すべく登って行く。様ノ沢とは、なんとも凄い名前だ。

写真を撮るのを忘れたが、直ぐにちょっとした滝があって、直登組と巻き組に別れたが、帰りに巻きルートを降ると、こっちの方が簡単だった。さらに登って尾根の鞍部に出て、そこから南東へと尾根を少し辿って九階滝が見える遠望地に到着。





そこから見える九階滝を見て唖然。両サイドに広がる圧倒的なスラブ壁は見事だが、水が〜無い。いや、ちょっとだけ流れている。



もちろん、滝前へと下降するつもりで来たが、この状態を見て、どうしたものかとテンションが急激にダウン。おまけにパラパラと雨まで降ってくるしで、さらに気持ちが萎えていく。退散しようか行くか、お互いに顔を見合わせても答えは出ない。

そんないやな時間が流れていくが、雨が上がったのを機に、やはり行こうと下降を開始。地形図を見たかぎりでは、簡単に下降できると思っていたが、途中から壁が立ってきて、matsuさんが、この日の為に新調した50mロープをシングルで固定して懸垂下降。ちょうど一杯でうまく着地。





さらに別ロープで10m程を懸垂、降りた所が様の沢の枝沢(右股)。



ここからこの枝沢を下降して九階滝に到達。



上から見たよりも水の流れがはっきりとしていて、ひと安心。でも、見えているのは、九階滝の最下部だけで、ちょっとショボイのは否めない。晴天で紅葉でもあれば、また印象が違ったかもしれない。

それでも、ワイドに広がる圧倒的なスラブ壁は、ここでかでしか見ることができない特異な景観に違いなく、近寄りがたい神様の沢として畏怖の念を抱かれているのもよく分かる。







少し遅くなってしまい、風呂も飯も全て閉まっていて困った。秋田の夜はとても早い。一軒だけあるコンビニで、ささやかな食事を調達し、道の駅で小宴会。明日も早いのに滝談義が盛り上がって、いつまでも続くように思った。

おでんさん、がぶんたきさん、matsuさん、どうもありがとうございました。



撮影機材

Panasonic Lumix DMC-GH2
LUMIX G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ASPH/POWER O.I.S.

Panasonic Lumix DMC-FT4