2012年10月21日
那須 御沢



感動のスルーハイク・・・


PHOTO GALLERY


今回は、那須の両部ヶ滝。

ちかりんさん、BALさん、matsuさんと道の駅で合流して、ロープウェイの駐車場へと移動。車から出ると、凄い風に荷物が飛ばされ、あっちへうろうろ、こっちへうろうろ。

ようやく準備を整えロープウェイ駅に行くが、出発を待っていると、「風速20m以上の風のため運行中止」というアナウンス。

今日は、安直に茶臼岳に登ってから両部ヶ滝を見に行く予定だったが、しかたがないので計画変更。上にある峠の茶屋の駐車場は、もう満杯が予想され、そのまま歩いて登って行く。それでも、最初から綺麗な紅葉が見えていて、なんか良い感じ。



登山道に入って、朝日岳が近づいてくると、南斜面がお日様に照らされて、最高の輝き。見事な紅葉が、頂上付近から裾野へと広がっていて壮観。「ウワー」とか「ウヒョー」とか、皆でいきなり大興奮。



しかししかし、ブォーっと凄い風が吹いていて、度々立ち止まらなければならない。撮影しようにも像が揺れて大変。なんとか踏ん張って、シャッターを押すという感じ。

上から登山者が次々に降りてくるので、もう登頂して下山するのかと思ったが、聞くと、峰の茶屋まで行ったが、登頂はとても無理と諦めての下山らしい。





峰の茶屋に着くと、みなさん少しでも風を避けようと小屋際に集結。



峰の茶屋からは、牛ヶ首を目指して、南へ方向転換。茶臼岳の西側に入ると、風も緩くなって一安心。ややピークを過ぎているかなとも思うが、見下ろす斜面の紅葉が光に浮き上がり、十分過ぎるほど見事。







牛ヶ首から紅葉の中へと入っていくと風も殆ど無く、色づいた木々に抱かれてまさに夢心地。



姥ヶ平とひょうたん池からの眺めも最高の贅沢。噴煙を上げる茶臼岳をバックに秋がこれでもかと広がっている。



両部ヶ滝に行く話を聞いて、那須について調べてみると、滝の美しさもさることながら、山を彩る紅葉が美しく、それは、日本一の山岳紅葉との声もあるほどだった。

実際に来てみると、それは、大げさでも何でも無く、本当に絶景と呼ぶに相応しい素晴らしさ。



この後は、沼原、三斗小屋温泉分岐を北にとって、いよいよ滝へのアプローチ。目指す両部ヶ滝のかかる御沢の上流を北へと越えて、沼原分岐を西へ進んで行く。この辺りも頭上を彩る紅葉が、とても綺麗。









そして、下降ポイントを見定め、御沢の北側斜面を下降。藪をかき分けた先に現れたのは、期待通りの見事な滝風景。



こんな二つの滝と紅葉が織りなす美しい眺めは、他を探しても簡単には思い当たらない。生憎、青空が隠れてしまったが、柔らかい光がもたらすしっとりとした色合いが、とても美しかった。





下流にも滝があるらしく左岸を巻き降っていくと、出てきたのは小さな滝で、ちょっとがっかり。この滝の近くは下降しにくそうだったので、大きく巻き降ると、もう一つ下の滝へと降り立ったようだ。その滝は、さっき上から見た滝とは違い、美しく立派。



左岸を小さく巻き戻って、上から見えていた滝にも寄ってから登山道へと登り返した。





登山道を東へ進むと那須岳避難小屋。



峰の茶屋を越え、峠の茶屋へと下山して行くと暗くなりかけてくるが、緑の絨毯の上の紅葉は、最後まで美しかった。



ややピークを過ぎていたかもしれないが、それでも大きく広がる紅葉の美しさは格別。またぜひとも来たいと思わせる素晴らしさだった。

ちかりんさん、BALさん、matsuさん、どうもありがとうございました。



撮影機材

Panasonic Lumix DMC-GH2
LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm/F3.5-5.6 ASPH/POWER O.I.S.
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6