2012年10月27日
角間川 松川



行くべきか行かざるべきか・・・


PHOTO GALLERY


次なる紅葉のターゲットは、志賀高原。嫁さんと道の駅「オアシスおぶせ」まで走り、くろぴそさん、もとなかさん、ユカリさん、と合流。そこから、もとなかさん号に全員乗り込んで、にぎやかに出発。

R66が松川沿いを走るようになると、山肌を染める紅葉がとても綺麗。八滝に到着すると、既にカメラマンでいっぱい。人気のスポットのようだ。



ちょっと遠くて水量が少なく見えるが、180mと言われる長大な滝で、遠望でも相当大きいのが分かる。滝の周りを包む紅葉が何より美しい。



次は、雷滝。残念ながら、この滝は、とても悲しい姿をしていて、長くは見ていることができない。ここは、人間がやって良いことの限界を超えている。綺麗な姿で残っている所をそっと切り取った。





七味大滝にも行きたかったが、時間がかかりそうなのでパスして北上。山田牧場を通って志賀高原の主要部へと入っていく。期待した池の周りの紅葉は、もう終わってしまっている感じ。

そして、予定の10時頃、澗満滝の展望地に到着。展望台へと上がってみると、強風が吹き抜け、青空があるはずの澗満滝の上は、何故か雲で覆われている。おまけに雨まで降ってくる始末で、とても寒い。





澗満滝直下へ行くのを目的にやって来たが、こんな天気で行くのかと急速にテンションダウン。とりあえず車に退避して思案するが、答えが出るはずがない。お日様の低い秋のこと、少しでも滝に日が当たる時間に行こうと、綿密に計画してきたことが、時間の経過とともにどんどん崩れていく。

それでも、諦めきれずに2時間以上もウダウダしていると、空が明るくなり、事態は急展開。日差しが届き、辺りの紅葉が一斉に輝き出す。これを見て、やはり行くしかないと、慌てて準備をして滝下への下降を開始。









散りばめられた紅葉に目を奪われるが、ちょっと嫌らしいトラバースから急傾斜のルンゼの下降と気が抜けない。







川床に降り立つと、直ぐに支流の滝がV字状に合わさり、そこからは、もう大岩壁が見えている。





左岸から乗り越えると、期待の澗満滝がドドーンと登場。



下から見上げる澗満滝は、堂々とした姿で揺るぎない。予定より到着が遅れてしまったので、日が当たっているのは、滝上だけになってしまっていたが、光が透過する紅葉の饗宴がとても眩しかった。









帰路も確実に安全に登り返し、最後は、もとなかさんが見つけた直上ルートで、往きに通ったトラバースルートを回避して車に戻った。







さわやかな紅葉が山肌を染め、なんとも心うきうきしてくる。志賀高原は、そんなところだった。天候に惑わされた澗満滝も素晴らしい姿を見せてくれ、秋の一日を満喫することができた。

くろぴそさん、もとなかさん、ユカリさん、どうもありがとうございました。



撮影機材

Panasonic Lumix DMC-GH2
LUMIX G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ASPH/POWER O.I.S.
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

Panasonic Lumix DMC-FT3
Panasonic Lumix DMC-FT4