2012年12月23日
八ヶ岳 



大峰を想う・・・


PHOTO GALLERY


まだまだ車で上れそうなメルヘン街道は、しっかりとしたゲートで閉じられている。ここから歩いていくが、とにかく長い。見えている白い山と晴れた空が、せめてもの慰み。





2時間近く歩いてようやく取り付き点に到着。ここからもトレースがあるが、少し歩いてみるとズボるので、スノーシューを履いて樹林帯へと入っていく。



コケモモの庭は、綺麗な河原のような所。



斜面を乗越して行くと、前方に見えるのは、美しい茶臼山。でも、山頂までは、かなり登る必要がありそう。



霧氷の着いた木々が綺麗なオトギリ平は、快適。トレースは続いているが、今日は、ひとけが全く無くとても静か。



大石峠からは、本格的な登り。



中小場に出れば、茶臼山が近くに迫り奥に白い縞枯山が見えて爽快。



一旦降って茶臼山への急登。ジグザクを切らずに一直線に続いている。







茶臼山の山頂は、樹林に覆われていて何も見えないが、端っこの台地に出てみると、展望が大きく拡がり、そこを強い風が走り抜けていく。





普通は、大きな眺めに目を奪われるところだと思うが、わが家の興味は、周りを取り囲む白い塊。それは、美しいだけでなく、とびきりの厳しさを感じさせる冬の芸術品。そのミラクルな霧氷ワールドに度肝を抜かれた。



















茶臼山から一気に降りていくと、前方に見えてくるたおやかな山容は、どこかで見たことがあるような気がする。





最後の登りは、さらにゆっくりと楽しんでいこう。







飛び出したところからは、高低差のない稜線が続く縞枯ロードの始まり、一面に拡がるエビの尻尾の中を歩く最高の贅沢。あまりに平坦で縞枯山のピークがどこさえかもはっきりしない。







やや天気が怪しくなってくる中、往きにやり過ごした展望台に寄ってから五辻方面へと降った。





五辻から見える縞枯山は、やはりあの山に見えてしまう。嫁さんと二人で「八経、バイバイ。また来るから」と挨拶して、何故か大満足。



山の天気が変わるのは、本当に早い。メルヘン街道が近付くころには、重そうな雲にどっぷりと覆われていた。



凄みのあるエビの尻尾、美しいエビの尻尾、白く化粧したシラビソやコメツガが拡がる様は、美しくも厳しい冬そのもの。新たな発見とともにまた来たくなるような素晴らしい所だった。

でも、今度は、ロープウェイで来ると思う。やはり、メルヘン街道の往復は、辛い・・・



撮影機材

Panasonic Lumix DMC-G5
LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm/F3.5-5.6 ASPH/POWER O.I.S.

Canon PowerShot S95