2013年1月5日
台高山脈



風と共に・・・


PHOTO GALLERY


冴えない天気が続くお正月。このままでは、休みも終わってしまいそうなので、嫁さんとダメ元で明神平でも行くかということに。せっかくなので、敬語さんと、まいちゃんに声をかけると、二つ返事で飛んできてくれた。

今日は、ちょっと趣向を変えて、伊勢辻山の少し東から南へと延びている尾根を登ろうと、大又林道から対岸へ橋を渡ってスタート。

雪が全く無い尾根筋は、けっこう急で汗が噴き出てくる。まいちゃんが、上に見える白い稜線を見て、「今すぐあそこへ行きた〜い」なんて呟いているが、まだまだ先は長そう。



途中からさらに急な崖っぼい壁が出てきたので、これを避けるように東へと巻きながらさらに登っていく。木々が白くなってくると後少し、伊勢辻山と赤ゾレ山との鞍部に飛び出した。

薄いながらも綺麗な霧氷にカメラを取り出して早くも撮影大会。



さあ行こう。予想通りのシャキッとしない天候だが、ガスの向こうに見える青空に願いを込めて、出発。



赤ゾレ山から伊勢辻山を見ると、雪が無くて禿げてるけど、これから辿る稜線は白くて良い感じ。









少し降ったところの凍りついた池には、雪が乗って真っ白。





時々、ガスが晴れて青空が覗くが、抜けるような冬空とは違うのが贅沢な不満。それでも、儚く綺麗な霧氷を見上げてばかりで、なかなか前に進まない。









雪は相変わらず少ないが、踏まれていない雪面はやはり綺麗。早い者勝ちという感じで適当に登って行く。





P1320辺りまで来ると、厚みを増してきた霧氷とすっきりとしてきた空に大歓声。





まいちゃんと嫁さんが、引き込まれるように並んで撮影。そんな低い姿勢で撮ったのは、厚い台高の白い花。







1320ピークは、広くて寛げる所。ここから見るコントラスト感のある眺めは、この稜線だけが白く、雪の少ないこの冬を象徴しているようだ。





一瞬すっきりした空は、また白いガス混じりの空へと直ぐに戻ってしまうが、森の白さがどんどん増していき、その美しい白に包まれるのは、本当に幸せ。

















国見山では、暖かな日差しが降り注ぎ、ゆっくりと飯タイム。







再出発する頃には、少し風が出てきたようで、霧氷が宙へと解き放たれていく。









そして、水無山へと歩いて行くと、その風は、突如もの凄い勢いとなり、儚き白を乗せて森の中を駆け抜けていく。







そして、そして、そして、辺りの雰囲気が一変。キラキラと白く輝く森、抜けるような空がシュワーっと広がっていく。これぞ台高の冬空といった碧が、どこまでもどこまでも続いているようだった。























明神岳まで行くつもりだったが、途中で遊びすぎたようだ。明神平でゆっくりしてから、雪の少ない斜面を無理矢理ヒップそりしながらワイワイと下山した。





最後に現れたような光溢れる森と、その中を歩くことをいつも追い求めているのかもしれない。

山と風は切っても切れない縁、ひとたび牙をむけば、最大の猛威になり、死さえもたらす。でも、春の芽吹きを、夏の暑さを、秋に薫りを、冬の冷たさを、そんな四季の営みを運ぶのも風。風が運んでくれた夢の瞬間に感謝。

敬語さん、まいさん、どうもありがとうございました。



撮影機材

Panasonic Lumix DMC-G5
LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm/F3.5-5.6 ASPH/POWER O.I.S.

Canon PowerShot S95