2012年1月13日
鳴岩川 河原木場沢 



樽がない・・・


PHOTO GALLERY


夏沢鉱泉へと向かう林道が、河原木場沢を渡るところまで無事到着。
沢に入って歩いて行くが、本来のルートは、もう少し林道を上がった所にちゃんとあったみたい。



でも、雪に覆われた沢がとても良い感じで、水の上に薄く張った氷を見ていると、それだけで癒されてくる。



鋭くはないが、もこっと綺麗な氷瀑が登場。一の滝だろうか、よく分からない。





右岸に梯子が掛かっていて、それを登って通過。



右岸壁にも氷瀑が形成されていて、がんばって登ってるところ。聞くと、「醤油樽でも登ってるよ」と、ちょっとがっくり。



醤油樽の滝へと右岸を高く巻いていくと、取り付いているクライマーさんが見えてきた。そして、またまた掛かっている梯子を降りて滝前に到着。

思ったより小さいし開けているしで、あれれ〜。写真や名前から野江股の不動滝のもっと大きな感じで、それこそ樽になってると思っていたが、どうも違う。



クライマーさんが登っているので、一旦広い所まで戻り、めしタイムがてら休憩。終了を待ってから再度滝前に迫った。

よく見ると氷柱が折れていたり、溶けて再氷結したような感じもあるが、近付くとやはり見事な姿。特に左下の鋭く伸びる氷柱は、見事な造形。















帰りがてら、ちょっと遊んでしまったが、訳も無く自然の造形を傷つけるのは良くないと反省。









車を走らせていると、阿弥陀岳が、存在感のある姿で聳えていた。その不気味な佇まいは、まさに大雪の前兆だったのかもしれない。



もとなかさん、どうもありがとうございました。



撮影機材

Panasonic Lumix DMC-G5
LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm/F3.5-5.6 ASPH/POWER O.I.S.
LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ASPH/POWER O.I.S.
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

Canon PowerShot S95