2012年1月20日
中央アルプス 



霧氷を探せ・・・


PHOTO GALLERY


ふるさと村自然園の登山口までは、除雪されていて、そればかりではなく数台分の駐車スペースまで作られていた。そんなに人気がある山とも思えないが、紀伊山地では、とても考えられない。

トレースバッチリの道を歩き出すと微妙にズポって歩きにくいので、直ぐにスノーシューを履いて登って行く。



南沢山は、今シーズンの霧氷のターゲットとして、もとなかさんと狙い定めた山。

そんな期待の霧氷は、なかなか登場しなかったが、1400mを越えると、木々に美しい白が着きだしてきた。明るい幹の色と儚く繊細な霧氷の取り合わせは、とても美しい。





稜線に出ても、登山道は、尾根の南を巻くように付いている。しかし、綺麗な白を見つけると、雪をかき分け、尾根に乗っかったりして、楽しみながらゆっくりと進んでいく。









南沢山からは、大きな展望が拡がり、とても気持ちが良い。


横川山


木曽駒、宝剣〜空木、南駒。う〜ん凄い。


甲斐駒、仙丈


北岳、間ノ岳


横川山へと南西に延びる尾根へと回り込んでいくと、厚みのある霧氷が迎えてくれる。日の当たる側は、溶け出しているが、これまたいい感じ。





広〜い尾根筋を好きなように歩いて鞍部へと。







そして、最後は、ちょっとした急登で横川山へと登り着いた。





横川山は、南沢山よりも少し標高が高く、展望は、さらに大きい。それにしても〜沢山とか〜川山とか、なんとも面白い山名だ。



もっと湿った雪が降り、冷たい風が吹けば、霧氷で覆われた真っ白な眺めが期待できそう。今回は、調査がてらに登ったが、手応え十分。次のチャンスが楽しみだ・・・

もとなかさん、どうもありがとうございました。



撮影機材

Panasonic Lumix DMC-G5
LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm/F3.5-5.6 ASPH/POWER O.I.S.
LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm/F4.0-5.6 ASPH/POWER O.I.S.