大きく深い滝壺、そこに湛えられた清冽なる水は、壺すら持たない滝が少なくない中で、それ自体が奇跡かもしれない。何より、その滝が古来より崩れること無く、絶えること無く生きてきた証。

落口から滝壺まで強固な岩盤で支えられている揺るぎない姿は、滝下にガレ、ザレ、泥などが堆積する滝とは、一線を画す美しさ。

湛えられた水の色は、まさに大自然の不思議。光が差し込むほんの僅かな時、滝は最も美しく夢見る・・・

Photo Gallery

落口からジャンプした水は、一瞬たりとも同じ表情を持たず、危うく魅惑的な表情で落ちていく。それは、定められているかのような道筋を飛び越え、果てしなく続く自由な旅となって飛散する。

時に激しく、時に優しく表情を変える落水は、滝が自ら作り出した風に乗り、辺りを生で満たすように解き放たれて行く。光が差し込む輝ける時、迸る水の躍動に身を委ねれば、そこに立った者だけが感じることができる特別な体験が待っている。

撮影者は、明暗差が激しく写真にならない等と文句を言ってはならない。その時こそまさに、滝が生きているかのように踊り狂う最高の瞬間である。

Photo Gallery

流 『Coming Soon』

造 『Coming Soon』

紅 『Coming Soon』

Enjoy the waterfall