2015年7月18日
天ヶ瀬川 水太谷 


20_7184066


大峰の秘瀑・・・



R169を南下するにつれ、再びぱらつき出した雨も上がり一安心。はんぺんさん、ゆかちゃんと待ち合わせ、やってきたのは大普賢岳の南。


01RIMG1494


天ヶ瀬川沿いの林道から水太谷へと入っていくと、結構降ったと思われる雨のためか、勢いよく水が流れていくが、あまり濁ってないのは大峰の沢といった感じ。


02RIMG1502



03RIMG1505


二俣を左にとって、先ずは水簾の滝を見に行く。


04RIMG1508



05RIMG1528


迫力を増した水簾滝。飛沫でまともに撮影できないが、WGでパシャリ。


06RIMG1534


水簾滝の後は、和佐又への道を歩き、水太谷右俣と出合うところから右俣の遡行を開始。


07RIMG1553


水太谷といえば、水簾滝が有名だが、どちらかと言えば本流っぽい右俣については、殆ど情報がない。しかしながら、右俣上部は等高線が詰まり何かあるかもしれない。今日は、そんな何かの探索。


08RIMG1556


顕著な二俣が現れ、水量の多い左へ。


09RIMG1562



10RIMG1607



11RIMG1612


またまた二俣だが、地形図上では何とも微妙で、どっちに行くか迷う。どちらかと言えば急峻そうな左へ行ってみる。


12RIMG1618



13RIMG1633



14RIMG1643


しばらく行くと、前方に大きな滝が登場。


15RIMG1649


立ち上がる壁にかかるその滝は、30m級で立派。でも、ちょっと雑然としてショボイ感じがする。


16_7184019



17_7184022


撮影していると、上部にガスまで立ち込めてきて、さてさてどうしようか。


18_7184037


やはり上に行こうと右岸から小さく巻こうとしたが、支点がとりにくい微妙に立った壁になっている。多分大丈夫だが無理をすることもないので、左岸の尾根から大きく巻くことに。


19RIMG1659


左岸の尾根は、東隣の谷との中間尾根。登って行くと、見下ろす隣の谷に大きな滝が見えてきてびっくり。そして、辿ってきた谷にも白い飛沫。

巻き降って見上げた滝は、50mはありそうな素晴らしい姿。解き放たれた水が腰を打ち、そこから広がっていく様が、とても美しい。


20_7184066



21_7184051



22_7184092



23_7184097


そして、尾根へと登り返し隣の谷に見えていた滝へと下降。


24RIMG1664


五段程も連なるこの滝もとても立派。


25_7184122


中間には綺麗な壺があり癒やされる。


26_7184142


帰路は、この谷を懸垂を交えて下降。


27RIMG1673


無双洞を見に行こうと再び水簾滝へ。無双洞からの湧き水より上も立派な流れ、この先にも何かあるかも。


28RIMG1714



29RIMG1703



30RIMG1724


迸る水とその音が何とも心地良い。


31RIMG1727



32RIMG1744



33RIMG1747


三本もの大滝が迎えてくれた水太谷。その滝達が目的の滝であったかどうかは定かで無いし、地形図上では予測しにくいところにあったのも事実。大峰という豊かな水を育むこの地には、まだまだ滝が隠れているのかもしれない・・・

はんぺんさん、ゆかさん、どうもありがとうございました。



撮影機材

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R

RICOH WG-5 GPS


撮影機材データ

撮影機材データ



8 コメント

  1. はんぺん

    入渓点の水量にドン引きしましたが、古文書に導かれながらの未知の谷の遡行、楽しかったです。
    右俣の怪しいグラのところも解明したいですね。

  2. 臆崖道

    まずもってこの台風後に紀伊山地に入るという文字は、全く私にはありませんでした。
    が、さすがというか、数々のプランの引き出しの中の、“増水時限定”のプランを決行されたのはさすが滝屋といった感じです(パイオニアですな~)。
    水太谷右俣右谷(?)の段瀑は興味をそそられますが、なんちゃって増水時ぐらいならば細い線の水流と、涸れ気味の壷なんでしょうね。

  3. パンダ

    はんぺんさん

    そういえば、橋の上を何回も行ったり来たりして水の流れを見ては、「う〜ん」てな感じでしたね。
    結果、期待した滝や予想外の滝、またまた次の課題なども現れて、とても充実した滝探索に満足な一日でした
    ありがとうございました。

  4. パンダ

    臆崖道さん

    この辺りの平水時は、どうなってるんでしょうね。
    それなりに流れているとは思いますが、わざわざ出かける程ではないかもですね。

    最近、「滝屋」という言葉にちょっと引っかかってまして、私は本当に滝屋なんだろうか、やっぱり違うような、と自問自答しております。

  5. 崎山晃一

    初めまして、いつもブログを拝見させていただいてます。
    鎖場の奥にこんな滝があったんですね!!
    大峰の沢が大好きで、一人歩きしています。
    いつもパンダさんの探求心には驚かされます(^^;

    機会があれば、この谷も無理のない程度に登ってみます。
    これからも色々参考にさせていただきたいと思ってます…ご迷惑かもしれませんが、よろしくお願いいたします^^

  6. パンダ

    崎山晃一さん

    コメントありがとうございます。
    たしか以前にもコメントをいただいていましたね。

    「彩時季」拝見しました。自然への愛が溢れる素敵な写真が並んでいますね。
    また訪問させていただきます。

    あまり参考になることは書くことができてないと思いますが、よろしくお願いします。

  7. 崎山晃一

    FB申請、ブログ訪問…ありがとうございます^^
    大峰や台高の沢にもっと行きたいのですが、単独行なので深い場所に入るのを躊躇しています(^^;
    写真も素人丸出しですが、自然が好きなので見よう見まねで撮っています(笑)

    これからも楽しみに拝見させていただきます(‘◇’)ゞ

  8. パンダ

    崎山晃一さん

    ご丁寧な返信ありがとうございます。
    写真を撮るのに素人も何もないと思いますし、私は感じたままに撮ることができればいいかなと思っています。
    その感じたままを表現するための試行錯誤は、苦しくも楽しいところです。

    単独行では、やはり安全性が気になりますね。
    どうぞ無理の無い範囲で楽しんでください。

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。