2017年5月4日
大峰 前鬼川 沢登り


01_5043009


代表…




前鬼川
大峰の孔雀岳から釈迦ヶ岳あたりを源とするこの川は、大峰を代表する美しい渓であり、それだけでなく、美渓という点において日本を代表するに相応しい渓かもしれない。
滝メグラー的に補足すると、前鬼川は、奈良県の下北山村を貫く屈指の渓谷であり、あの不動七重の滝がかかる。

奈良県は滝王国などと言われることもあり、全国から多くの滝メグラーが訪れるが、残念なことに前鬼川は滝メグラーに相手にされることが少ない。
大瀑に人気が集まるのは分からないではないが、それらの滝は、この地に特有のものではなく他所でも見ることができる。

しかしながら、紀伊山地を流れる渓の美しさは、なかなか他の地域では見ることができないものであり、大瀑ではなく、そんな美しき渓谷美こそ、紀伊山地の特徴であることを知っておいて欲しい。


GW6日目、最終日になって何処からmatsuさんが登場したのか、行き先が何故に前鬼になったのかを覚えていない。
ただ、天気があまり良くなかったのと、特に難所がないことにホッとしたのを覚えている。


02RIMG2031


ブルーな釜の滝
前回に来た時は泳いだが、今日はとても泳ぐ気になれない。

不動七重の滝の水色を見て前鬼ブルーなどと書いてあるのを散見するが、不動七重にそのような水色はない。
もちろん、不動七重の滝の水色も極上ではあるが、この辺りの碧き色とは全く違う。


03_5042846


この滝を越えるには、トラロープがかかっているところではなく、岩の上がフリクションが効いて意外と登りやすい。


04RIMG2067



05RIMG2079


ナメを流れ降る水は、釜に湛えられて絶妙な色となり、その美しさを際立たせる。


06RIMG2085



07RIMG2113



08RIMG2125



09RIMG2139



10RIMG2143



11RIMG2151



12RIMG2148



13RIMG2163


雲のベールで拡散した光は、カメラのセンサーにも穏やかな光を届けてくれる。
晴天時には極度に難しいような対象でも簡単に写すことができるかもしれない。
但し、劇的な表現が生まれる余地は少ない。


14RIMG2173



15RIMG2178


左岸から三重の滝の一番下、不動滝をかけて滝ノ谷が出合う。
60m級の大瀑であるが、誰もメインカメラを出すことはなかった。


16RIMG2193



17RIMG2209


さてさて、前鬼の中でも、とりわけ美しいところ。
ここぞとばかりに、メインカメラを出して、あーやこーやと言いながら徐々に核心部へと近付いて行く。


18_5042861



19RIMG2223



20_5042873


直ぐ先で大量の水が湧き出していて、本流の流れと合わさったり、違う滝となったりして、箱状廊下と呼ばれるプチゴルジュに流れ込む。
湧き水のためか、沢床の色のためか、湛えられる水の色と透明感を、とても言葉では表現できない。


21_5042912



22_5042943


腰まで水に浸かって奥へと進む。
冷たすぎる前鬼の水に体の芯まで震えてくるが、同時に目前に揺らぐ水が心の奥まで染みてくる。
それは、深き深き神秘なる水の営み。


23_5043031


本流の水量を凌駕する程の湧き水の水量。


24RIMG2227



25RIMG2262


修験者が身を清めるという垢離取場
湧き水帯を過ぎると碧き色が失われるが、グリーンな色合いは定番の美しさ。
ここから、前鬼宿坊まで山道が続いている。


26RIMG2281


前鬼川
夏に泳ぐもよし、秋の美しさも格別、そしてこの時期もとても美しかった。
晴天のきらめき、雲天のしっとり感のどちらも極めて美しく、天候を選ばない。
大峰の誇るこの美しき渓を愛してやまない…

はんぺんさん、matsuさん、ゆかさん、どうもありがとうございました。

 

撮影機材

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

RICOH WG-4 GPS

 

撮影機材データ

撮影機材データ