2017年6月3日
台高 小橡川 右又谷 クラガリ又谷 沢登り


01_6033077


アカルミ…




クラガリ又谷は、その名のごとく入口から直ぐに連瀑となっている暗いゴルジュがあるが、これが有るためかどうか、かつての伐採を逃れた美しき渓らしい。

もちろん、そのゴルジュは手に負えないので、入口からも見えている最奥の滝前まで左岸から大きく巻き越える。


02RIMG2299



03_6033050


40mとされる大滝は噂どおりに寛げる良いところ。
小さいながらも美しき滝壺を持っていて、これは予想外で嬉しい。


04_6033059



05_6033053



06_6033071


滝を滑り降った水は滝壺から溢れ、ナメを降ってゴルジュに吸い込まれてゆく。


07_6033092



08_6033098



09_6033101


この滝は右岸巻き、途中から滝身の方に近づき、最後は流れの近くをよじ登る。


10RIMG2313


高度感のある落口


11RIMG2317


次の滝の撮影を何故コンパクトカメラで済ませたのかは覚えていない。


12RIMG2323



13RIMG2331


左岸から登って滝の中を右岸に渡る。
なんかおっかなそうで、補助的にロープを出す。


14RIMG2334


次の滝は、なかなか見事。
溝の中を捩れるように落ちていく流れが美しい壺へと注ぎ込む。


15_6033128


右岸のスラブを慎重に登ると、ポットホールのような壺があって、滝はまだ上に続いていた。


16RIMG2346



17RIMG2353


傾斜が緩んだ沢を歩いて行くと、緑のベールの向こうに大きな滝が見えてくる。


18RIMG2356


この大滝前も寛げる空間で、ゆっくりと楽しむ。
ようやくといった感じで届き出した光が、落水を輝かせてキラキラと眩しい。


19_6033155


ひこさんが、水の中に落ち葉が堆積しているところに何やら見つけたのか、カメラを突っ込んで頑張っている。
どれどれと見に行くと、碧く光る三日月状の袋が流れに身をまかせてゆらゆら。
生物に詳しいひこさんによると、サンショウウオの卵らしいが、神秘的で幻想的なだけでなく、見たこともないそれは、まるでエイリアンか何かのもののよう。


20RIMG2364



21RIMG2376



22_6033164



23_6033182



24_6033137


帰りは沢を戻って、往きに目星を付けていたところから右岸を登りモノレール軌道を拾って下山。

クラガリは入口だけで、この日辿ったところに暗さは微塵も無く、アカルミ又谷と呼びたくなるような良いところだった…

ひこさん、どうもありがとうございました。

 

撮影機材

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

RICOH WG-4 GPS

 

撮影機材データ

撮影機材データ