2016年11月26日
南紀 熊野川 田長谷


14_B269154


語らい…




紅葉シーズン最後の滝巡りは、鼻白の滝。

ここへ来るのは何年ぶりだろうか。迎えてくれた鼻白滝は、なんかガスってるけど、悪くない佇まい。


01_B269019


滝下から、もう一度ご挨拶。

うっすらと青空が見えているが、あまりいい天気ではない。


02_B269057


今回の目的は上段の滝前。

右岸側が小さく巻くことが出来そうにも思えたが、無理をすることもないので左岸から大く巻き上がって行く。


03_B269077


途中からも、なかなかいい眺め。


04_B269094


岩がでかくて真っ直ぐ進めないが、しんどいはずの嫁さんが頑張ってくれる。


05_B269100



06_B269103


さあ来た。

思ったよりも小さい感じもするが、下段との間には大きなスペースがあり、ゆっくりと寛げる良いところ。


07_B269121



08_1040931



09_B269169



10_1040927


小さいながらも壺があり、美しい軌跡を描いて落ちた水が、下段への橋渡しとなって滑りゆく様も秀逸。


11_B269127



12_1040942



13_B269219


もう冬も近いこの日、南紀といえども滝前は冷たい風が通り抜ける。アメリカから個人輸入したTNFのTHERMOBALL HOODIEを着て、岩の上でまったり。

このジャケットだけでなく嫁さんとお揃いの山着は多い。私は体がでかく、アメリカンなサイズが合いやすい訳だが、そんなことは関係ない嫁さんも何故か同じ物を着てくれている。


14_B269154


下段下まで降りて来たら、スカッとした天気に。


15_1040954


帰りに十津川の大野川、瀬野滝に寄ってみる。嫁さんは疲れたのか、車で待機していると言う。こんなことは初めてなような気がするし、秋終盤の寂しさが漂う眺めをそそくさと後にした。


16_B269271


鼻白滝の前でどかっと腰を下ろし、嫁さんといろいろなことを話した。

今までのこと、これからのこと、家族のこと、親兄弟のこと、他にも色々。

嫁さんの言葉にはどこか自信がなく、それは二人がこれまで同じように持ち続けて来た想いとは、どこか違うものだったのかもしれない…

 

撮影機材

Panasonic Lumix DMC-GM1
LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.

OLYMPUS OM-D E-M10 Mark II
M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ
M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R

 

撮影機材データ

撮影機材データ


 

2 コメント

  1. “すぎちゃん”

    歳月と共に色んな変化が起きて来ますね。
    奥様もそういう時期に差し掛かられたのかも知れません。
    それをしっかりと受け入れてあげることが何よりの支えなのかな?って思います。
    我が家も同じよう状態が結構長く続いてます。
    奥様には貴殿の優しさが一番なのでしょう。

  2. パンダ

    すぎちゃんさん

    いつもいつもありがとうございます。
    嫁さんを受け止めてささえてあげることができたのか、そんな自問を繰り返す日々が続いています。

    気付かないことがあるかもしれませんが、何気ない日常こそ、かけがえのないものだと思います。
    こんな暖かいコメントをくださる、優しいすぎちゃんさんに申し上げるのは気が引けますが、奥様を大切にしてあげてください。

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。