2017年2月18-19日
八ヶ岳



あの時と…




初めて八ヶ岳に来たときに選んだ登山口は、ここ渋ノ湯。
もう下山してきたのだろうか、ちょうどお昼頃の渋御殿湯は、カラフルな登山者達の明るい声が響いていた。

と思う。正直よく覚えていない。


01_2189692


そんな明るい出来事とは無縁だったが、この時は体力と感覚を取り戻したかった。そう思っていたのは良く覚えている。
また、それだけでなく、何より大自然の慰めが欲しかったのだろう。


02_2189704



03_2189728


黒百合ヒュッテ前も、楽しげな雰囲気に満ちている。


04_2189785



05_2189805



06_2189803


良い時間になってきたので中山峠へ。
登り出ると、ちょっと恐ろしげな雰囲気が漂い、たじろぐ。


07_2189870


不気味な何かが空を行くが、その隙間から届く光が何かを語りかけてくれているよう。
しかしながら、その言葉を理解することができない。


08_2189882


ただ、寒い。
そして、孤独が身に染みる。

それでも、目の前で展開する世界は美しくも荘厳。
そう感じることができたのが嬉しい。

静かな心でそっと受け止める。


09_2189924


翌朝、黒百合平はガスに覆われていた。


10_2190009


再び中山峠に上がり、これから向かう天狗岳と対峙する。
雲かガスか雪煙か、強い風に押されたそれは、白きお山の上を駆け抜け、青き冬空を露わにしてゆく。


11_2190029


そう書いてみるものの、この時のことは良くは思い出せない。


12_2190038



13_2190114



14_2190138



15_2190183


覚えているのは、歩きながら大峰のことばかり考えていたこと。
寒波により相当に雪が積もったらしく、この時の私には、とても登ることができないと思え、唯々悔しかった。


16_2190192



17_2190202



18_2190216



19_2190243


東天狗から西天狗へ。


20_2190243



21_2190346



22_2190373


そして、天狗ノ奥庭方面へと降る。


23_2190435



24_2190453



25_2190456



26_2190465



27_2190468



28_2190483


知ってか知らずか、歩いているのは、あの時と同じ道程。


29_2190489



30_2190492


印象的だった凍りついた擂鉢池は何処へやら。


31_2190514


テントを張ったところも、あの時と同じ。


32_2190588


無事にテントまで帰ってきて、ほっと一息。
何とか歩くことができたことにも、ほっとする。

そして、微笑んでくれた冬のお山に感謝。
私が知る限りの中で最も美しい天狗岳だった…




撮影機材

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II