2017年2月25-26日
大峰 明星ヶ岳 八経ヶ岳 弥山


36_2250943


二人の願い…




22日の夜から23日お昼頃にかけて荒れ模様となるが、同時に気温が上がり降るのは雨、そして24日は冬型になり25日には緩む。
この年の大峰は、かなりの雪に恵まれ、それに怖じ気付いていた私は、この予報を見て救われた気がした。
そして気がつけば、25日の朝は熊渡にいた。

辿るルートは、何時もの道。
静かな冷たい空間に、決して激しくはないが強き想いが同化してゆく。


01_2250610



02_2250611


稜線に出ると、生きている不思議を包み込むように、白きベールが流れてはまたやって来る。
遙かなる道程に絡み合う二人の想い。


03_2250634


高崎横手を過ぎる頃には次第に碧の支配が強くなり、ベールに包まれていた白が一斉に開花。
しかしながら、陽光に照らされて早くも新たなる旅へと飛び立ちはじめる。


04_2250636



05_2250653



06_2250658


そして、何時ものあの木のところに到着。
想いを馳せたシーンが蘇る。


09_2250678


とても現実とは思えないような美しき白と碧。
その儚き生は、哀しみに満たされた想いさえ癒してくれる。


10_2250711


まだ飛び立たないのか。
待っていてくれたのか。


11_2250678-2



12_2250743


二人してはしゃいだことが蘇るが、今日は静かに静かに受け止める。


13_2250760



14_2250766


それにしても歩みが快調。
きっと、前を行く嫁さんが踏み固めてくれているに違いない。


15_2250772



16_2250784



17_2250789


明星ヶ岳


18_2250805



19_2250806


大峰の最高峰へと続くルート。

汚れなき分厚い白と深く澄んだ碧、ここに来ることができたことに感謝。
ありがとう、本当に本当にありがとう。


20_2250814



21_2250817


そして、着いたよと声をかけてザックを降ろす。


22_2250828


約束の地。

二人の想いが通じたのだろうか、これ以上ないように穏やか。
二人で色々なことを話し、ゆっくりと過ごす。


23_2250843



24_2250856


そして、二人が愛した尾根を一歩一歩進む。
揺さぶられる魂、熱くなる目頭、何度も何度も立ち止まり、全てを抱きしめる。


25_2250858



26_2250863


八経ヶ岳


27_2250866



28_2250878



29_2250881


国見八方睨


30_2250888



31_2250889


夕暮れ時、何時までも続いて欲しいと願う時も確実な刻みで過ぎ去ってゆく。


32_2250894



33_2250904



34_2250910


大自然が描く芸術。

二度と同じものを見ることができないだろう尊いシーン。
静かに静かに祈る。


35_2250934



36_2250943



37_2250992


翌朝はガス。
これもまた大峰らしい。


38_2261009



39_2261012



40_2261023


狼平


42_2261105


もうひとつの約束の地、弥山川。

かつて交わした約束は、その時には冗談だったかもしれないが、今それを思い起こす。


41_2261095


そして、想い願った…




撮影機材

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II