2017年3月11-12日
北アルプス


10_3111164


再びの夢…




一段落した感じだったが、はんぺんさんとゆかちゃんが声をかけてくれたので、再び山に向かうことに。
北ア方面も穏やかな天気になりそうだったので、昼から安直路線で新穂高ロープウェイに乗る。


01_3111106


思ったより雲が多いかも。


02_3111112



03_3111118


小屋から離れたところに、ゆったりとテントを張る。
良い天気のはずが、何時の間にか辺りは一面のガス。


04_3111120


もうダメだろうとテントでゆっくりとしていたが、ふと外を見るとガスが晴れてきていて、テントシューズのまま斜面を登る。


05_3111129


ガスが、どんどん晴れていくだけでなく、下層には雲が残り絶景を予感させる。


06_3111137


そして、光を浴びた西穂稜線が染まり出す。


07_3111140


これぞ大自然の不思議。
またガスが流れてきて、違う色で魅せてくれる。

下の写真のシャッターを切ったのは、上の写真の撮影から僅か1分後、Lightroomの現像設定も同じ。


08_3111145


多くの方達が、この光景を拝もうと登ってきていて、あちこちで歓声が飛び交う。


09_3111148


アーベントロート、そんな美しいドイツ語が似合うクライマックス。


10_3111164



11_3111173



12_3111181



13_3111198


翌朝は霞の影響か、控えめなモルゲンロート。


14_3121274



15_3121284



16_3121307


明るくなっても、なんとなく霞んでいる。


17_3121332



18_3121362



19_3121364



20_3121366


独標に立つと、もう十分に素晴らしい眺め。
どうするか思案したが、折角なので西穂山頂を目指す。


21_3121382



22_3121388



23_3121394


山頂に近付くにつれ、スッキリしてきてラッキー。


24_3121408

25_3121432



26_3121433


穏やかな頂に感謝。


27_3121448



28_3121514


下山途中に振り返ると、さらにスッキリ。


29_3121562


西穂君もスッキリしたバックに、一段と嬉しそう。


30_3121565


かつて、西穂稜線から見た朝夕は、とても印象深いものだった。
今回のシーンからも、感じたのは生の証。
そんな夢色を、後何回見ることができるだろうか…

はんぺんさん、ゆかさん、どうもありがとうございました。

 

撮影機材

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II