2010年10月24日
兵庫県 養父市 八木川




氷ノ山の秘瀑・・・

PHOTO GALLERY

氷ノ山の麓にMATSUさんの呼びかけで滝好きが集まった。メンバーは、双門の壺へ一緒に挑んだひこさんとモト中さん、そしてカオリちゃん、がぶんたちゃん、まいちゃんの女子軍団、MATSUさんは、遠く栃木からの参加。

先ずは八木川左俣の不動滝を目指して親水公園をスタート。遡行しても面白そうだが、いろいろと条件を考え今日は上からのアプローチ。



不動滝は、登山道から見える一般的に不動滝とされている滝ではなく、本当はもう少し上流にあるらしく、あまり知られていないらしい。あいにくの天気だが、滝計画を明るく遂行するのがモットーのメンバーは、そんなことは全く気にすることがない。


ルートの相談中?



そして、川に降りて藪を漕いで最後は、懸垂で滝前に到達。



落差30m程の不動滝は、なかなかの美瀑で、優雅な流れはもちろん力強さも備わっている。静かで秘境感が漂う中、美しい流れが通り過ぎていく。











なかなか決まらない記念撮影を楽しんだりしてゆっくりとくつろいでいると、ついに雨が降ってきた。



上から見るのと下から見るのとでは感じが違う。降りてきたところと違うルートで大きめに巻き登って滝上に戻った。



次は、登山道を降って右俣に入り布滝が見える橋の上へ、前衛の滝の向こうに60mの布滝が見えるが、木々に隠れてしまっている。



布滝の下に行くには、前衛の滝を越えていく必要があり、モト中さんが谷に降り、ルートの探索をしてくれて、なんとか行けるみたいだ。しかし、雨がどんどん強くなってきて、どうしたものか。

MATSUさんが、「行きたい人?」と聞くと「は〜い」と手をあげたのは、元気な三人の女子たち。「よし行くか」と再スタートしてズルズルの斜面を巻き登っていく。



最後は、またまた懸垂下降で安全に滝下へ。





大きな布滝も下からでは上部はよく見えない。しかし、壁を伝う流れは、不動滝よりもさらに優雅で美しい。



雨であまりゆっくりもできなかったが、その素晴らし滝姿を楽しんで撤収。



一人では決して思いつかない地と滝に行くことができたのは、滝好きなメンバーとの出会いがあってこそ。短いながらも楽しい一日を過ごせたことに感謝。

ご一緒していただいた皆さん、どうもありがとうございました。



撮影機材

Panasonic Lumix DMC-GH1
LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ASPH./MEGA O.I.S.

Panasonic Lumix DMC-FT1


8 コメント

  1. モト中

    この時もありがとうございました。

    パンダさんのおかげでみんな安全に滝前に降り立つ事が出来ました。

    パンダさんとの出会いがあったおかげで僕らの滝巡りは
    今までより安全で素晴らしいものとなっています。

    感謝の言葉は尽きません。

    いつかパンダさんのお役に立てるようになりたいです。

    またよろしくお願いします。

  2. スロートレック

    秘瀑って、今気付いたのですが、そんな言葉も
    あるんですね、秘瀑、いいです、そそられます。
    それよりも、いるんですね~女子滝メグラーの方!
    2010年は山ガールだったでしょ?11年はズバリ
    滝ガール・・・・
    はやらないですか?( ̄ー ̄)
    黒い岩肌が白い流れのカーテン越しに
    透けて映ってるのが、妙にセクシー
    そんな私はの感性はヘンですかね~♪

  3. “すぎちゃん”

    端正で美しい滝ですね!

    毎回パンダさんの写真術には脱帽です。
    Panasonic Lumix DMC-GH1いいですね~☆☆☆

  4. 臆崖道

    あの~素朴な疑問なのですが、APS-Cからマイクロフォーサーズに移られて、小絞りボケの影響に変化はありましたか?
    私の場合、k2oodからk-5に画素数UPしたのはいいのですが、F11より絞ると小絞りボケが出ます。
    明るい滝の撮影をする場合、ある程度絞らないとスローシャッターを切れないのですが、パンダさんの最小絞りのリミットはどれぐらいなのかなと。
    企業秘密でしたら、スルーしてください。

  5. パンダ

    モト中さん

    こちらこそありごとうございました。
    いえいえ、みんなの力のたまものでしょう。

    滝前に立つのは大事やけど、事故なく帰ってくるのはもっと大事やからね。
    これからも安全に楽しく滝巡りしましょう。

    行きたい谷や滝がいっぱ〜いあるので、これからもよろしくお願いします。

  6. パンダ

    スロートレックさん

    彼女達は、いわゆるガールの範疇をはるかに越えちゃってます。
    普通に話てるとガールなんですけど、滝に行く時は、本当に凄いです。
    まあ静かな静かなブームですね。秘瀑ならぬ秘ガールでしょうか。

  7. パンダ

    すぎちゃんさん

    ありがとうございます。
    GH1は、よい面と悪い面があって難しいところがあるのですが、今ではよくなついてくてれて、かわいいやつです。

  8. パンダ

    臆崖道さん

    APS-Cと較べるとマイクロフォーサーズは、小絞りボケにはシビアですね。
    おっしゃるようにAPS-Cの場合、F11より絞ると急激にボケてきますが、マイクロフォーサーズでは、このポイントがF8(解像感のピークはF5.6)のようです。
    ただ、レンズを含めての解像感がもともと高く、例えばF11どうしでK-7とGH1を較べると、信じられないかもしれませんが、私は、全体の解像感ではGH1が優勢と判定しました。

    パナ機は、薄いローパスフィルタを搭載して解像感が高い(その分人工物等では、モアレ等が出やすい)のが特徴だったんですが、最近では、各社ともローパスを薄くするのがはやりになってきて、安いキャノンのKiss X4やオリのE-5なんかも大変に高い解像感のある絵が撮れるようです。E-PL1も凄い絵を出します。同じセンサーを使ってもこのあたりのさじ加減で出てくる絵がかなり違うみたいです。
    K-5がどのあたりを狙っているのかまでは、分かりませんが、ペンタの645Dがローパスレスになったのを考えてもローパスがより薄くなっている可能性が高いとは思います。
    そういった点や画素数アップを考えると、K-5は小絞りボケにより敏感かもしれません。

    スローシャッターを切りたい時は、PLにND8を重ねて撮っています。これでF11までは、気楽に絞ります。(解像感は少し落ちますが、実用的には十分で、Rawデコード時にも全くシャープをかけません。)それでもシャッタースピードが下がらない時は、F16まで絞ります。(この場合は、Rawデコード時にわずかにシャープをかけます。)マイクロフォーサーズの場合、ファインダーや液晶がエレキで、NDで光量を落としても暗くならないので、この点は撮りやすいです。

    ND16のフィルタもあるみたいなので、どうかなとは考えていますが、じゃまくさいのでまだ試してません。

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。