2010年11月28日
台高山脈



二つの探索・・・

PHOTO GALLERY

嫁さんが、大台のトロッコ道を歩いてみたいという。トロッコ道は、二ノ俣谷の源頭部も通っているらしいので、黒滝とトロッコ道を探しに出かけた。


ショートカットで尾鷲辻に出ようと思ったが、嫁さんが日出ヶ岳に登りたいというので、先ずは山頂へ。いい天気です。


天気はいいけど、何故か霞んでいて大峰方面もよく見えない。


正木ヶ原を抜けて尾鷲辻へ。


尾鷲辻から尾鷲道に入って行き、適当なところで道を外れて尾根に乗っかる。


快適な尾根筋。


堂倉山、平坦でなにもない?




進んでいくと切り立った大きな壁が見えてきた。P1432?


尾根筋が北へ曲がっていくあたりから二ノ俣谷左岸を降っていく。最初に降りたところは、ちょっと谷に近すぎたみたいで、途中から立ってきて失敗。東へトラバースして、さらに下降。


300m近く降っただろうか、なんとか滝が見える岩の突き出たポイントに到着。予想はしてたけど、水量が凄く少なくて残念。岩に乗りたかったが、確保の道具がないので、大木を抱きかかえるようにして撮影。


いつものことながら、登り返しはしんどい。トロッコ道があるはずとどんどん上を目指して登っていく。


広くて平坦な道に出た。トロッコ道に間違いない。


しばらくは、きれいに残っている快適な道。


二ノ俣谷源頭?


石を積んだ橋の跡?


道が抜けていたり、倒木が多かったりと荒れていて、思ったよりも時間がかかる。


大蛇グラまで歩くつもりだったが、断念して尾鷲辻に戻った。


トロッコ道は、大正時代に四日市製紙が5年の歳月をかけ、紀北町の木津から尾鷲辻あたりまでを完成させたらしいが、こんなところを木材を乗せて運んでいたのかと思うと驚くばかりだ。

水量が極端に少なかった黒滝(男滝)100mは、数少ない沢屋さんの写真を見ると、その豪快な姿に惹かれずにはいられない。直ぐ横の右俣には、女滝60mも落ちるという。ぜひとも滝前に行ってみたいが、厳しそうだ。



撮影機材


Panasonic Lumix DMC-LX3


8 コメント

  1. “すぎちゃん”

    晩秋の大台、いいですね~☆☆☆
    梅雨時期には豪快な姿で魅了してくれるんでしょうけど行くのは簡単じゃなさそうですね!
    今夏は沢屋さん達と挑まれそうな気がします。

  2. 関東の渡辺

    あけましておめでとうございます。
    昨年は、小木森、八町、迷滝など、素晴らしい滝をご一緒でき、
    お世話になりました。
    今年も機会があれば、近畿方面伺いたいと思いますので、
    よろしくお願いいたします。

  3. スロートレック

    トロッコ道ですか、奥様はシブイ趣味お持ちですね
    私も非常に興味があるのですが~
    大蛇嵓から辿る方が分かり易いような情報も
    ありますね、今年は狙いたいと思ってます

  4. パンダ

    すぎちゃんさん

    大台は、雪の季節にも行きたいなんて考えています。ちょっと遠いですが。
    黒滝も今シーズンはなんとか行ってみたいです。

  5. パンダ

    関東の渡辺

    あけましておめでとうございます。
    こちらこそ、昨年は、お世話になりありがとうございました。
    いろんな意味で単独行の多かった私にとって、とても想いに残る年になりました。
    今年もどうぞよろしくお願いします。

  6. パンダ

    スロートレックさん

    そうですね。大蛇グラの近くに未完成の大きな穴があるらしいので、これも見てみたいですね。
    普通の山歩きとは違いますが、ほんの少し歴史を見に行くのもおもしろいです。

  7. 臆崖道

    パンダさん、イブキ嵓(←Macでは出ないかな?)の黒滝も、二ノ俣の黒滝も行ってみたいです。
    (両方とも相当厳しい行程になりそうですが)

    是非お声かけいただけたら幸いです。

  8. パンダ

    臆崖道さん

    嵓は、utf-8でエンコーディングされていれば出ますが、ISO-2022-JPなら出ません。

    イブキは、全く無理そうなので、三ツ嵓大滝とニノ俣です。
    水量の多い時に狙いたいと思っていますので、その節はよろしくお願いします。

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。