2011年1月16日
奈良県 川上村 中奥川 大谷



秘瀑を探して・・・

PHOTO GALLERY

朝から降っていた雪は、中奥へ入ると、ますます勢いを増している。なんかテンション下がってくるが、まずは、昨年に見つけていた氷柱を見に。

真っ白く雪化粧した河原が静かで美しい。





氷柱に近付いてみると、ちょっと氷が薄い感じでいまいち迫力に欠ける。相変わらず雪が降り続くので、傘をさして数カット撮影した。





さてどうしようか、この日、ご一緒していただいたふぇるめーるさんと相談する。天候を考え、当初の予定を変えて大谷の滝を探しに行くことに。

途中から進めなくなった林道に車を止め、歩いて大谷に入って行く。谷中も大雪で簡単には前進できない。



古〜い資料によると、大谷には、40mの滝があり、直ぐ横の支流からも40mの滝が落ちていてV字状に合わさるのを見ることができるらしい。

ふぇるめーるさんは、大谷の右俣に入ったことがあり、滝が無かったらしいので、地形図で左俣の谷が合わさるところを目標にした。

高巻き、ラッセルを繰り返し、考えていた地点ピッタリで滝が見えてきた。ところが、下部は氷柱が連なっているものの、滝は凍ってなくて残念。



左岸支流上の方には、もう一つの滝が見える。こっちは、氷がついてそうだが、急な壁で下には近づけそうにない。

考えた末、正面の滝の右岸を巻き登り、滝の上を越えてからトラバースにて滝横に行こうということになった。



ロープを出したり、なんやかんやで支流の滝横になんとか到着。しかし、そこは、全く動くことができないような壁の途中、人一人がやっと立てる岩の上で交代で撮影した。



滝は、さらに下まであるが、あまりに雪が多く氷が見えなくなっていた。











冷え込んだ日が続いて、この日も日中にもかかわらず、温度計は、氷点下10度を示していた。それでも滝の水は、結構な水量で流れていた。

さらに標高が高く奥深いところにある滝達は、完全に人が近付くのを拒んでいる。氷結した滝を見るのは、本当に難しい・・・

ふぇるめーるさん、どうもありがとうございました。



撮影機材

Panasonic Lumix DMC-GH1
LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8 ASPH./MEGA O.I.S.

Panasonic Lumix DMC-LX3


14 コメント

  1. モト中

    本当に雪山とゆうのは困難なものなんですね。

    パンダさんほどの方でなくては見れない景色。

    僕はパンダさんのブログで見てるでけで満足です。

    お気軽滝好きのモト中です。

  2. “すぎちゃん”

    厳冬
    ただ一言、この文句が浮かび上がって来ます。
    極寒の中、滝を求めてラッセルされるその姿は
    まさに「男のロマン」って奴でしょうか?
    一枚、一枚にその視線が伝わってくるようです。

  3. 関東の渡辺

    これはまた良い感じのところですね。
    つららが綺麗です!

  4. 臆崖道

    黒滝クロタキくろたきと三つの「黒滝」が気になっています。
    舟ノ川のは到達不可能なので論外ですが、中奥のクロタキは凍結しているかな~と考えていましたが、意外と難しいのかもですね。
    七面山・中ノ川上流の黒滝へと、尾根を下降して行けないかなと、ちょっと安易なことを考えていましたが、やはり私には無理でしょうね。

    ところで友人がGF-1を使っているのですが、晴れた雪面からの照り返しで液晶ビューが見えない(自分が映っている)と嘆いています。何か裏技みたいなのがあれば教えてください。
    ※ペンタユーザーには関係ないことですが(笑)

  5. ふぇるめーる

    パンダさん

    先日は、お疲れ様でした。また大変お世話になりました。
    ここのところ好天続きですが、寒が戻ると良いですね。

    トベット谷出合の滝は、両サイドが壁で迫力ありますし、氷も良く伸びています。
    次回、何か機会がございましたらこの先のお勧め滝にも案内させて頂きます。

  6. パンダ

    モト中さん

    いやいや、モト中さんほどの方ならどこでもいけるでしょう。
    道を切り開いて突き進んだ末に見ることができる美しい景色、それは夏とはまた違う素晴らしさがあるように思います。
    また楽しみに行きましょう。

  7. パンダ

    すぎちゃんさん

    この日は、天気が荒れて一日中雪が降ってました。
    なんでこんな日にこんなことしてるのかという感じでしたが、冷たくしんとしたところに魅せられてしまうようです。

  8. パンダ

    関東の渡辺さん

    はい、奥深く静かなよいところです。
    でも中部から関東にかけての巨大な氷瀑を見ているとうらやましいかぎりです。

  9. パンダ

    臆崖道さん

    中奥のクロタキは、昨年にふぇるめーるさんが行かれてます。(クロタキかははっきりしないそうです。)写真を拝見すると下部の氷結は間違いない感じですが、上部は、水が宙を落ちてきますので、微妙なところかもしれません。

    中の川上流の黒滝は、時間をかければ下から遡行しても行けそうですが、水量が少なくてしょぼいらしいです。氷瀑狙いであれば、かなりおもしろそうですね。でも、相当厳しそうです。

    あと、大台のニノ俣谷黒滝と三つクラ谷の黒滝とも呼ばれる大滝に今年は行きたいと思っています。ご一緒に狙ってみませんか。

    GF-1は、たらちゃんさん(たらみさん)でしょうか。
    液晶の明るさの調整があって(LCDモード)、もし購入したままであれば、デフォルトではOFFになっているパワーLCDをONにしてみてください。多少は、見やすさが改善されます。露出などの確認は無理ですが、構図の確認はできると思います。

    それと、きっちりと見たい時には、リバーサルフィルムを見る時に使うようなルーペを使います。具体的には、UNのモニタリングPRO MC MASTERというのを使ってます。
    私の場合、三脚使用時にしか使いませんので、首からぶら下げて必要時に液晶にかぶせて見るという使い方ですが、手持ちであればゴムなどでひっつけてしまえばよいかと思います。
    これで見る視野率100パーセント、倍率は液晶比3倍の大きな世界は、かなりいけてます。

  10. パンダ

    ふぇるめーるさん

    先日は、こちらこそありがとうございました。
    あの青い氷柱は、本当によかったです。

    ますます暖かくなってくるようでトホホですが、また機会があれば、よろしくお願いします。
    トベット谷出合の滝もおもしろそうですね。

  11. 瑠璃

    川上村ってこんなに雪積もるのですね
    奈良北部と南部では全然違う風景に吃驚
    段々暖かくなってきていますがまだ雪が残っているのでしょうね

  12. たら

    パンダさん、こんにちは。不思議な御縁でつながりました。(臆崖道さん、ありがとうございます)

    パワーLCD オンにしてみました(^^)まだ、外で試していないので次のおでかけが楽しみです。
    まだまだ、カメラのことがわからず、どちらかというと奇跡の一枚が撮れるといいなぐらいで、写しています。

     また、いろいろと教えて下さい!
    山のこと、カメラのこと・・・

  13. パンダ

    瑠璃さん

    今シーズンは、ちょっと異常と言えるほど雪が降りましたね。
    だんだんと落ち着いてますが、(ちょっと悲しいかも)標高の高いところの雪は、しばらく残るのではと思います。

  14. パンダ

    たらさん

    GF1ですが、基本的に露出オートで撮るなら、雪景色で露出補正なし、雪の無い時は、マイナス1段の露出補正がお勧めです。プラスに1段、マイナスに1段のオートブラケットも試してみてください。3枚撮るといろいろ見えてきて面白いと思います。
    それとパナ機は、人物の顔色がよく見えるように考えているのか、オートホワイトバランスが、マゼンタ(ピンクっぽい)にふれることがありますので、Jpegなら撮影前に調整したほうがいいかもしれません。
    いろいろ撮りまくって楽しんでください。

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。