2011年1月30日
奈良県 大峰山脈

 

 

急登一直線・・・

PHOTO GALLERY

この日は、滝仲間のカオリさんとモト中さんとの雪山計画。氷瀑をからめた当初の予定は、とてもかないそうにないので、古田の森あたりでスノーシューを楽しもうということになった。

ところが、林道途中から雪がどんどん増えてきて、なんとか強引に上っていくが、登山口までまだまだ遠いところでストップ。降り続く雪もどんどん勢いを増していて、ここから歩いて行っても、帰りに車や道が埋まっていたらどうしようもないので断念。

さてさてどうしたものか、地図とにらめっこをして、見つけたのが天和山。ぐるっと回って天川の天和橋までやって来た。


登り出してしばらくで、大きな鉄塔が次々に出てくる。


さすがに雪は少ないが、尾根筋は結構傾斜が強い。


休憩してアイゼンを装着。


視界が開けてきた。奥に小さく見えるのが天和山かな。
途中から巻いている夏道を外れて尾根筋をひたすら直登。そして、ようやく稜線に到達。


なんか天気が良くなってきて、吹き抜ける風が雪を舞い上がらせる。


稜線を少し進んで七番目とされる鉄塔の下。下界がスコーンと見えていた。


ここまで来ると雪も増え、ふかふかで気持ちがよい。




またまた急登のはじまり。


そして、時間は14時。天和山までは、まだ手前のピークを越えていかなければならない。山頂はあきらめ、ささやかながら用意していたお昼を食べて下山しようと三人の意見が一致。白い大日と稲村が見えていた。



天和山は、大峰の展望台などど呼ばれているらしく、ちょっと期待したが、そこまで届かなかった。直登ルートは、傾斜が強く、ジグザグにステップを刻んでの登りは、思ったより時間がかかってしまった。

ん〜、どこも厳しい〜

カオリさん、モト中さん、ありがとうございました。
また楽しみにいきましょう。



撮影機材

Canon PowerShot G12


4 コメント

  1. “すぎちゃん”

    チョコっと見える稲村が厳しそうですね!
    来シーズンには今冬の思い出が多く語られることでしょう。

  2. たら

    カオリさんと行かれていたのですか。
    コミュにも書きましたが、この日、私も天和山目指してました。
    北陸の山から、天和山、これまた、断念で御船の滝だったんですよ。

     知らない間に、ニアミス、これからも、ありそうですね。

  3. パンダ

    すぎちゃんさん

    やっぱり、稲村の白い姿は、どこから見てもいいですね。二度と体験できないかもしれないこの冬の思い出は、本当に宝物だと思います。

  4. パンダ

    たらさん

    朝は、本当に雪がたくさん降ってましたからね。どうなることかと思いましたが、天和橋に着く頃には、落ち着いてきたので助かりました。雪が降ってなければ、林道を歩いてでも釈迦を目指したと思いますが・・・

    今年は、御船もよく凍ったようで、なかなか良かったんではないでしょうか。

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。